HOME > スタッフブログ > 6ページ目

スタッフブログ 6ページ目

自律神経のバランスが崩れるとカラダの不調がでてきます・・・

もう春ですね!
桜もいろんなところで満開みたいで、
とても気持ちいい季節です。

 
しかし、意外と知られていませんが、
春は天候や環境の変化、
それに伴う緊張によって自律神経の働きが悪くなり、
体調不良に悩まされる
ひとが多い季節でもあります。
 
自律神経のバランスが崩れると、
カラダの不調がでてきてしまうんです。


 
 
●環境の変化
これから、4月に入ると新年度がスタートします。
新しい環境などで慣れない生活の不安や
対人関係などの変化からくるストレスが、
自分でも気づかないうちにカラダに
負担をかけている可能性もあります。

 
●気候の変化
前回のブログにも書きましたが、
寒暖の差はカラダに様々なストレスを与え、
気圧の変化が自律神経の働きを悪くすることで、
体調が悪くなります。
 
それ以外にも・・・

 
 
●花粉による体調不良
今年の花粉の量は、とても多いと聞きます。
花粉の量が多いとアレルギーの方は、
鼻水や咳、目のかゆみ、頭痛・・・etc
いろいろな症状に悩まされ、
しっかりとした睡眠もとれずにストレスが
多くなります。
 
 
春は、いろいろなことでカラダの調子を崩しやすく、
自律神経のバランスが乱れてしまうんですね。
 
 
日頃から自律神経を整えておくと、
春の季節や環境の変化にも自律神経が
対応しやすくなります。

 
 
自律神経を整えるには
 
○バランスの良い食事を取る
 
○睡眠時間を確保し、良質の睡眠をとる
 
○日中に適度な運動をする
 
○夜遅くまでスマホやパソコンを見ない
 
○ストレスをためない
 
○リラックスする・・・etc
 
などがあります。
 

 
バランスの良い食事をとって、
日中カラダを動かすことで交感神経が優位になり、
夜はリラックスしてしっかりと睡眠をとることで
副交感神経が優位になります。
夜遅くまでスマホやパソコンを見ていたり、
ストレスで良く眠れないなどの状態が続くと、
夜になっても交感神経が優位なままが続いてしまい、
自律神経が乱れてしまいます。
 
仕事が忙しかったり、
やることが多くて睡眠不足になったりと
規則正しい生活は難しい場合は、
呼吸に意識を向けてみるのも効果的です。
 
自律神経は自分の意志とは関係なく、
身体機能を健全に保つために働いています。
胃や腸、あるいは心臓が休みなく動いているのも
自律神経が機能しているためです。
 
無意識に活動している自律神経を意識的に働かすことのできるのが
呼吸なんです!

 
呼吸と自律神経のことは、また詳しく書きたいと思います。
 
 
春は希望に満ちた、とてもいい季節です!
カラダの不調を吹き飛ばし、楽しい日々を過ごしましょう!


ちゅ楽では、さまざまのコースがお受けできます。
スポーツ整体・アロマテラピー・リラクゼーション・フェイシャル・インディバ…
お客様の症状にあったコースのご提案ができます。
まだ、ちゅ楽にご来店したことがない方は、是非一度ご来店ください。




この記事を書いた人

    
 沖縄生まれ沖縄育ち、
カラダがツラい時に頼れる存在です。
     佐久眞 正己
 Sakuma Masami

 

春分の日は真冬!

今日は春分の日cherryblossomです!
・・・・がものすごい雪が降ってますーーーーsnow
気温も徐々にあがり、桜も咲き咲きはじめて
すっかり気持ちは春モードになっていた所にこの雪!
これはもしかして結構積もるのではないでしょうか・・・?

寒くなったり暖かくなったり、春は三寒四温と言いますが
ここまでまとまった雪が降るのは珍しいですね。

寒の戻りは今日がピークということなので
明日以降はまた気温が上がるようです。

体調管理にお気をつけてお過ごしくださいconfident

寒暖差で春バテ!?

先週はもう春かと思うような暖かい陽気でしたが
今週はグッと気温が下がって一気に冬に逆戻りですね。

この時期は三寒四温とは言いますが、気温のアップダウンが激しくて
体がついていかない…!!と感じる方も多いと思います。
春になると怠い」「やる気が出ない」「やたらと眠い」など
自律神経の不調を訴える方が多くなります。
では、なぜ春にこのような症状が出るのでしょうか。

まず第一に
気温の寒暖差急激な気圧の入れかわりがあげられます。
体が寒暖差に対応するために、交感神経が常に優位になり
相当なエネルギーが消費されるため「疲れ」や「だるさ」
を感じやすくなります。
さらにこの時期は移動性高気圧が次々にやってきて
高気圧と低気圧が頻繁に入れ替わるために自律神経の切り替えがうまく
行かなくなりがちに。低気圧が近づくと、血中の酸素濃度が下がり
昼でも眠くなったり、だるくなったりします。

二つ目の
大きな要因は生活環境の変化です。
春は卒業、入学や進学、転勤、新生活のスタートなど
自身や身の回りの変化が大きく、
知らず知らず、緊張感やストレスを感じることで
自律神経が乱れ、春バテしやすくなります。

では春バテを防いだり、解消する
ためにはどうしたらいいのか。
春バテの対策には、自律神経を整え、交換神経と副交感神経の
切り替えを適正かつスムーズに行うことが大切です。
ストレスを溜めずにリラックスを心がけ、服装などで調整することも大事です。
もしも冷えてしまったら身体を温めるようにしましょう

おススメの解消法は
①上記の目元温めでリラックス
目元を心地よく温めると、短時間で副交感神経が優位になりリラックスできます。
温度は目元が気持ちいいと感じる約40℃が適温。温めには蒸しタオルか蒸気を伴うアイマスクなどを使いましょう。
②ぬるめの炭酸入浴でリラックス
体温、血圧、心拍数を穏やかに変化させる入浴を一定期間継続するのもおススメ、。
ぬるめのお湯での炭酸入浴は自律神経を整え、
カラダをリラックスモードにしてくれます。


イチョウのまな板

先日、出かけた都内某所で

岩手県の特産展示即売会がやっていました。

何となく眺めていたら、木材屋さんを発見!

木材製品が好きなので

早速商品を物色していると、なんと!!

超高級品とされるイチョウの一枚板のまな板

2000円台という信じられないような価格で売っているではないですか!

お店のご主人に色々お話を聞いていてみると


・イチョウののまな板はプロユース。高級料理店の料理人の方が好んで買うそうです。
 ほぼ専門店でしか取り扱ってない。

・材質が柔らかく、柔軟性がある為、包丁にも優しく、まな板にも傷が付きにくい。

・殺菌効果が高く、まな板に食材の臭いがつきにくく、カビ等が生えにくい。

・温度変化に強くひび割れが少ない。水はけがすごくいい。

・木の根元に近い部分が最も高く、美樹の上部に行けばいくほど値段が安くなる。

 もちろん根元の部分が最高級品。



だそうです。プロが好んで使うまな板!と言われると

やはり興味がわいてしまいます。

買っていました。

銀杏のまな板。


早速家に帰って使ってみると!!!

く、臭い……

食品に臭いがつくわけでもなく、銀杏の香りがするというわけでないのですが

ヒノキや杉のまな板と比べると、かなり強烈な香りがします。

何回か使っていると香りは薄くなってくるらしいのですが

なかなか強烈な臭いでした。

しかし使い心地はスゴイ!!!

確かにヒノキや杉、ヒバのまな板と全く違います。

私が今回買ったのは、根元の部分のお高いやつではありませんでしたが

それでもかなり使いやすい!!

包丁のあたりがとてもやわらかく、ストレスなく

食材がきれる感じがします。

んーーー。これがはいいモノを買った気がします…!!

あとは臭いが早く薄くなることを待つばかりです(笑)




春一番のおすすめ

今日は5月並みの暖かさだとか!

お店の中に居ても、暖かいと感じます。

ちゅ楽の窓から外を見ると、風が強いのが見えます。

春一番かもしれませんね。

学生の頃、春一番が吹くと、学校の机の上が埃だらけになっていたのを覚えています。

今、身の回りでそんなことは起きてないような。

窓の閉まり具合が昔と今では違うのでしょうかね?

寒い日と暖かい日を交互に繰り返しながら春が来ると申します。

この暖かさもずっと続くわけではなさそうです。

一度暖かさになれると、寒いが辛く感じますね。

季節の変わり目は、気温の上がったり下がったりに

カラダがついていけなくて体調を崩しやすい時期です。

そんな三寒四温の季節3月は、フィトコンディショニングがおススメです。

スポーツ整体で筋骨格を整え、アロマトリートメントで筋肉をほぐすのみならず、

自律神経のバランスを整えたり、ホルモンバランスを整えたりと嬉しい効果が望めるコースです。

因みに、フィトコンディショニングの“フィト”は植物のこと。

アロマトリートメントはフィトテラピーと呼ばれる植物療法のひとつなのです。

日本の森から生まれたアロマを使用してのアロマトリートメントは、

日本人の私達に馴染みやすい香りがで、とてもリラックスできます。

ぜひ、お試しくださいませ。






この記事を書いた人


   ヨガも本格的に学び
体を知り尽くしたスペシャリスト
   生長 真起子
Makiko Ikunaga





【バイオラブ】日焼け止め|紫外線による肌ダメージに負けない肌へ

平昌オリンピックも終わり、2月も残すところあともう少しとなりました。

暦の上では春を迎えても、2月はまだまだ寒い日が続いていましたが、

このところ、春を思わせる日がチラホラと出てきましたね。

この時期、実はぐんぐん増えているものがあるんです。

“花粉!” もちろんこれもありますね。

すでに鼻をグスングスン言わせている方も見かけるようになってきました。

気温の上昇に伴って、まだまだ増えていきますよね。

私も花粉症持ちなので、あんまり増えてほしくない気分ですぅ。

ですが、今日お伝えしたいのは、花粉じゃなくて“紫外線”なんです。

寒いとついつい忘れてしまいそうになりますが、この時期紫外線量が増え始めているんです。

寒い中にも、日差しが春めいてるわぁ、なんて感じたことはありませんか?

一年で最も紫外線量の少ない12月~1月に比べて、増えてるんです、2月は。

2月~3月に降り注ぐ紫外線量は、10月~11月よりも多いくらいなんです。

肌トラブルの大きな原因となる紫外線。

おまけに2月のお肌は、寒さと乾燥に冬の間さらされ続けてきたところ。

弱り目に祟り目な感じの紫外線…なんです。

この上春一番が吹くと、埃も舞います。

寒さと乾燥で弱った冬肌に、紫外線がグイグイと降り注ぎ、

ホコリと花粉の外的刺激が襲い掛かるという、そんな時期なんです、今。

春は意外と肌トラブルが起きやすい季節です。

そこで、予防しましょう。

テーマは、『紫外線による肌ダメージに負けない肌へ

予防その①  日焼け止めを使いましょう。

おすすめは、BIOLABのクレム アンティ ソレイユ。



日焼け止めですから、紫外線をブロックするのはもちろん!であります。

私が気に入っているところは、

ハーブの美容成分配合で、紫外線ダメージからの回復も助けてくれちゃうのと、

くすみ防止パウダーのおかげで、お肌がきめ細かく滑らかに見えるんです。

ファンデーションなしでも、きれいなお肌に見えますよ。

おまけに、日焼け止めクリーム特有の、圧迫感と言いますか、皮膚呼吸できない感といいますか、

あのいや~な感じがないんです。

なので、私は一年中使ってます。

BIOLAB商品の中でも、BEST3に入る気に入り様です(私調べ)。

もっと皆様に知ってほしい~! 使ってほしい~! 逸品です。



予防その②  乾燥対策しましょう。

乾燥したお肌は、外的刺激に弱くなります。

・クレンジング時にBIOLABのデマキャン エクラを多めに使う。
 ↑これ、私の冬の常識です。これだけでも少し変わります。

・化粧水を丁寧につける。←重ね漬けしてください。
 ↑お肌本来の水分保持力を上げてくれる、ロション イドラタント エクラがおすすめ。

ここまでは、デイリーにお家でやってくださいね。

それでも収まらない乾燥は、ちゅ楽へどうぞいらしてくださいね。

お家ではできない目元口元まで覆うパックで、お肌のハリを取り戻しましょう!


“3月”は春のイメージ。

暖かくなりそう←期待を込めて。wink

お肌のコンディションを上げて、気分ウキウキの春にしましょう。





この記事を書いた人


   ヨガも本格的に学び
体を知り尽くしたスペシャリスト
   生長 真起子
Makiko Ikunaga


にゃん・にゃん・にゃん

今日2月22日は“猫の日”だそうです。

色んな企業が社名やツイッターのアイコンを猫にちなんだものに変えて遊んでる模様です。cat



かわいい~~!

この遊び心が良いですね。

「にゃ」という音は、なんだかぐにゃぐにゃと柔らかいモノを連想させますね。

気持ちもほぐれてきそ~。

文具メーカーのプラスさんのプニャスもお気に入りです。



祝女子パシュート金メダル仕様です。

ほかにも

ノザキのコンビーフ→ノザキのニャンビーフ
アデランス→アデニャンス
ビックカメラ→ビックカメニャ
浅田飴→あさにゃあめ
CASIO→ニャシオ
鈴鹿サーキット→鈴猫ニャーキャット  
セメダイン→セメニャイン  などなど。

探してみたらもっとあるかもしれません。

ちゅ楽だったら、ちゅにゃく? う~ん、残念。あまりハマりませんねぇ。

猫つながりで…以前前から気になってたのが、猫の判子。


ねこのはんこ・ニャン鑑より
http://www.inkan.name/nyan/syousai.html


猫が隠れているところがかわいいです。

ふにゃっと、気持ちが緩んで来ませんか?

寒さや疲労でガッチガチの肩も猫みたいにふにゃんとなりたいところですね。

ではでは、ちゅ楽でお待ちしております。





 


この記事を書いた人


   ヨガも本格的に学び
体を知り尽くしたスペシャリスト
   生長 真起子
Makiko Ikunaga




選択肢が増えました!

大興奮の週末でした!heart02happy02heart02happy02heart02

羽生君と宇野君の金銀ワンツー、小平選手の金メダル!

幸運なことに、どちらもLIVEで観ることが出来ました!

オリンピック開始前は、ほとんど興味なかったんですけど…ね。

やっぱり、素晴らしい試合を観ると、大興奮、となります。

試合後のインタビューで、「ジャンプの選択肢をいくつも持っている事は幸運だった。」

のようなことを羽生君が言っていて、その何種類ものジャンプを跳べる羽生君が

4回転のアクセルを目指すというのですから、スゴイ!恐れ入ります。

でも、見てみたいですね。

ただその前に、怪我をすっかり治して、健康を取り戻してほしいです。


ちゅ楽のメニューも、お客様のお身体やお好みに合わせて、選択肢がいっぱいです。

↑ちょっと強引なつなげ方ですが(笑)。

整体・ボディリラクゼーション・アロマトリートメント・インディバ・フェイシャルトリートメント等々。

その組み合わせ方もいろいろと出来るんですよ。

・いろいろありすぎて、決められない。

・コースを選ぶのも、組み合わせるのもよくわからない。

・とにかく、長いコースを受けたい。

そんなお声をいただくこともあります。

そこで、ロングコース作ってみました。

選んでいただくのは、フェイシャルトリートメントをするかしない。この一点のみ。

後はお任せください。

ちゅ楽のメニューの中から組み合わせて施術をいたします。

あっという間に感じる3.5時間をお楽しみください。





この記事を書いた人


   ヨガも本格的に学び
体を知り尽くしたスペシャリスト
   生長 真起子
Makiko Ikunaga



パセリの効能



和洋折衷、あらゆる料理に添えられるパセリですが、
風味付けのハーブや付け合せの野菜というよりは
彩を添える
「飾り物」の印象が強く、
実際に食べることはあまりありません
ところがこのパセリ
実に栄養価の高い香味野菜で、残してしまうのは
とてももったいない食材なのです!!

豊富な栄養価
パセリの特徴は何と言っても豊富な栄養素。
ビタミン・ミネラルが豊富で他にも食物繊維、葉緑素、フラボノイド類など
野菜の中でもトップクラスの栄養価が含まれています。ビタミンCはレモンより多く、
鉄はほうれんそうのやく4倍と言われています。

むくみに効果
パセリには利尿効果があり、むくみの改善が期待できる他
毒素の増加抑制、解毒作用もあると言われデトックスにも効果を発揮します。
またパセリにはカラダを温める働きもあり、冷えが原因のむくみにも効果があります。

月経困難の方にも
パセリに含まれる精油アピオール古くから月経困難や不順に用いられています。
また鉄分の補給や精神安定作用など、様々な栄養素からも月経困難への効果があると言われています

美肌、美白効果
β-カロテンののもつ皮膚や粘膜を丈夫に保つ働きや抗酸化作用に加え
ビタミンCと併せてメラニン色素を抑制する効果や、肌のかさつきや肌荒れの改善に期待できます。
他にもビタミンCはコラーゲンの生成を促進することからシワの予防や改善に役立つなど
パセリの持つ豊富な栄養素の相乗効果により、美肌効果があると言われています








冬肌トラブル②

前回は、冬の時期に起こりやすい
色々な肌トラブルを説明しましたが、今回は
肌へのストレスが高い冬の時期に
若々しく健康なお肌を維持するポイントを紹介しますcatface

冬肌対策①乾燥させない
お肌の乾燥は「たるみ」「シワ」「肌荒れ」の直接的な原因になります。

冬肌対策②肌細胞を活性化させる
冬は血行が悪くなり、毛細血管から肌細胞に充分な栄養が補給されにくくなります。
その結果、肌細胞の活性7スムーズに行われず、
新陳代謝が乱れがちになります。
肌細胞の活性や再生がスムーズに行われるような環境づくりが必要です。

お手入れしないといけないのは
分っているけど、日々の忙しさで
なかなかお手入れに時間がとれない!!
という方は
是非ちゅ楽のフェイシャルコースをご利用ください!

リフトアップ効果の高いオイルを使用した
マッサージのみのお手軽なコースから
美容成分たっぷりのパックや、かっさを使ったマッサージ
などが盛り込んである本格的なコースまで

ご希望に合わせたフェイシャルコースを取り揃えております。

2月は一年一番寒い時期!
ポイントを押さえてたお手入れで
乗り越えましょう!

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。