HOME > スタッフブログ > アーカイブ > 2017年6月

スタッフブログ 2017年6月

2日間限定ゲリラキャンペーンのお知らせ@ちゅ楽

スッキリしないお天気が続いています。

明日・明後日も天気予報では傘マーク。

お天気はスッキリしなくとも、ちゅ楽でカラダとココロをスッキリしませんか?
 
来たる28日(水)・29日(木)の2日間限定で、

キャンペーンコースを除く全ての施術を20%OFFにいたします。

このチャンスに是非ご来店くださいませ。

 

 
 
*ご来店時に、こちらのクーポン画面をスマホや携帯電話でご表示いただくか、プリントアウトしたものをお持ちになり、スタッフにご提示ください。
 
*20%OFFの対象となるのは施術のみとなり、物販を除きます。
*駐車場割引等のサービスとは併用できません。
*実施日: 2017年6月28日(水)・6月29日(木)の2日間
 

 
 
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

姿勢に影響する筋肉

多裂筋腹横筋骨盤底筋に続いて、今回は横隔膜です。
 
横隔膜は、「膜」という字が入っているために勘違いしている方も多く
いますが、膜ではなく筋肉なんです。
 
胸腔(胸の内臓が納まっている空間)と腹腔(腹の内臓が納まっている空間)
の間で、上部と下部にふたをしているような感じで、ドーム状の形をした
筋肉です。


 
腹式呼吸を行う時に、吸気(息を吸う)ときに使っていて、
腹横筋が呼気(息を吐く)なので、一緒に呼吸筋として重要な役割を持っています。
 
 
ちょっと豆知識です。
横隔膜は、焼肉屋さんでいうハラミなんです。
 
ちょっとイメージできました?
 
話を戻します・・・
この横隔膜がかたくなったり、短縮したりするとカラダが前のめりに
なりやすくなってしまうんです。
逆もあって、前のめりの姿勢が多いと横隔膜が硬くなってしまうんです。
 
カラダが前のめりの姿勢で、「胸を張る」とか「良い姿勢になる」とかを
しようとしても、正直難しいです。
 
ですから姿勢をよくするためには、横隔膜にも気を付ける必要がありそうですね。

青葉台で姿勢や腰痛にお悩みの方は、「ちゅ楽」の整体がおススメです。
是非、一度ご相談ください。
 
 

6月キャンペーンやってます!!

6月も半ばを過ぎましたが
まだまだ今月のキャンペーンやっています!!

ご新規様はコチラ!!
なんとすべてのコースが
30%オフ!!







詳しくは↓↓↓コチラのページへ

【夏季限定】インディバ代謝アップバイタルトリートメント
夏季限定のコースがタートしましたsign03
冷えやむくみはでお悩みの方は勿論、
薄着になるこの時期、
ボディラインをスッキリさせたい方にもおススメです!
インディバ&アロマで代謝アップして、
スッキリボディを目指しましょうhappy02

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine
カラダの事やコースで悩んでしまう方
お気軽にお問合せ下さい。

ちゅ楽mailto
info@churaku.com


ちゅ楽telephone
045-509-1888



shineちゅ楽facebookに「いいね」をお願いしますshine
 



整体&フィトアロマテラピー ちゅ楽
青葉台で姿勢・カラダの歪みを調整するなら ちゅ楽へ

骨盤底筋の働き

本日は、多裂筋腹横筋に続いて骨盤底筋についてです。
 
最近では、エクササイズなどでもよく耳にすることが多い筋肉ではないでしょうか。

骨盤の一番下にある筋肉で、ハンモックのように内臓を支える働きをします。
他にも、いろいろな機能があることがわかってきています。
●姿勢の安定化
●呼吸と連動
●排尿・排便との関係
●生殖・出産との関係
というように、人間の基本的な活動に関係しています。
 
 
 
 
その骨盤底筋が、うまく働かなくなるといろいろな悪影響がでてくる
可能性があります。
例えば・・・
●骨盤のゆがみ
●姿勢の崩れ
●お腹のたるみ
●尿漏れ
●運動パフォーマンスの低下
 ・・・etc
 
いろいろありますが、特に女性が気になる骨盤のゆがみやお腹のたるみ
尿漏れが多くなります。
これは、出産や加齢などで骨盤底筋が衰えることが原因のひとつと
いわれていて、
他にも長時間のデスクワークの方も、骨盤底筋が
ゆるみがちですので
注意が必要です。
 

もちろん男性も骨盤底筋の衰えはあります!

男性の場合、骨盤底筋は膀胱と腸(結腸)を支えます。
尿道と肛門は、骨盤底筋を通るので、膀胱と腸をコントロールする役割を
果たしているので、衰えると尿漏れ等の原因になります。
性的な機能にも関係します。
 
 
 
 
これらの事を改善する可能性がおおいにあるのが骨盤底筋なので、
骨盤底筋を鍛えておくことは非常に重要なんですね。
 
 
鍛えるといっても、なかなか難しい箇所でもありますので簡単な意識の
仕方で使える筋肉になってきます。
 
● 男性は睾丸を引き上げるような感覚 ⇒ 緩める
 
● 女性は膣で水を吸い上げるような感覚 ⇒ 緩める
 
● おしっこを我慢したり排尿をコントロールするような意識 ⇒ 緩める
 
この、感覚⇒緩めるを繰り返し行うことが大事で、横になった状態や座った
状態、立っている状態で行うと、より効果的です。
 
ちょっと気になる方は、ぜひお試しください!!

青葉台で骨盤のゆがみが気になる方は、ちゅ楽へご相談ください。

【ぎっくり腰】予防が大切

5月・6月
ぎっくり腰になっちゃった~」
とご来店される方がとても多いように思います。
私の周りにも5人ほどいらっしゃいました。



ぎっくり腰は、不自然な姿勢が続くことや
急な動作などでおこる腰痛

「急性腰痛」や「腰椎捻挫」などとも言われています。

 
重い荷物を持ち上げた時にギクっ!
となるイメージが大きいと思いますが、
それ以外にも・・・

物を拾おうとして前屈みになる、
くしゃみをする、
階段を上がる
など、ちょっとした動作で発症することもあります。
 

さまざまな原因が考えられますが、
長時間の立ち仕事や
中腰などの不自然
な体勢、姿勢の悪さ、疲労、
運動不足、冷え、肥満、体のかたさ、古傷、
ストレスなどがあげられると思います。
 

その中でも、
筋肉疲労や背骨のゆがみや
骨盤のゆがみがあることで起こり
やすい
とされています。
 

そこに、
前屈やくしゃみのような動作が引き金となって
発症するケースが
大半ですが、
中にはもともと腰の状態悪く、
特に無理な動作をしたわ
ではないのに
急に発症するケースもあります。
 
 

しかし、
ぎっくり腰が起こる時には、
その前から腰の重さやだるさ
といった前触れがある事が多い気がします。
 

その腰の重だるさを放置すると、
段々と筋肉に無理がかかり疲労し始めます。

疲労して強張った筋肉には
「酸素」や「ミネラル類」
という筋肉を正常に
働かせる栄養が行き渡らなくなって
ついに「もうダメだ」と悲鳴を上げるのです。
 

そうなると、
魔女の一突きとも言われるぎっくり腰
「ギクッ」とか「ズキン」という鋭い痛みになって、
ぎっくり腰ができあがってしまいます。
 
 

筋肉に強張りや短縮のない腰の状態から
ぎっくり腰を起こそうと思うと
そうとう無理をしないと、
ぎっくり腰にはなりにくいと思います。
 


日頃から、
カラダのメンテナンスが重要で
腰や脚がつらいと思ったら

ケアをしっかり行うことが予防に繋がります。



お身体のメンテナンスは定期的に月に1回できると
コンディションも整ってきます。
お身体の状態に合わせて
整体・ほぐし・アロマ・インディバのコースを
お選び頂けますshine








詳しくは↓↓↓コチラのページへ

【夏季限定】インディバ代謝アップバイタルトリートメント
夏季限定のコースがタートしましたsign03
冷えやむくみはでお悩みの方は勿論、
薄着になるこの時期、
ボディラインをスッキリさせたい方にもおススメです!
インディバ&アロマで代謝アップして、
スッキリボディを目指しましょうhappy02

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine
カラダの事やコースで悩んでしまう方
お気軽にお問合せ下さい。

ちゅ楽mailto
info@churaku.com


ちゅ楽telephone
045-509-1888



shineちゅ楽facebookに「いいね」をお願いしますshine
 



整体&フィトアロマテラピー ちゅ楽
青葉台で姿勢・カラダの歪みを調整するなら ちゅ楽へ

天然のコルセット

昨日の多裂筋に続いて、インナーマッスルの腹横筋についてです。
 
腹横筋は、文字通り腹筋に含まれる筋肉のひとつです。
しかし、働きとしては他の腹筋とは違い、みなさんが思っている腹筋運動
とはちょっと違うかもしれません。
人が毎日健康で生活を送るためにはとても重要な筋肉になります。
 
腹横筋はお腹を凹ませることによって、体幹を安定させたりする筋肉です。
他にも呼吸をする時に、息を吐く時に使っていて、息を吸う時に使っている
横隔膜と連動して、腹式呼吸などの動きで重要です。

シックスパックのような、腹筋が割れて見えるような筋肉ではなく深層部の
筋肉なんですね。
 
でも、その筋肉がとても重要なんです!
 
地面から重い物を持ち上げる動作は、日常生活や仕事でもあると思います。
その時に、大きな力が腰への負担がかかることになるのです。
これは、腰痛を発生させる大きな原因にもなります!
 
そんな時に、活躍してくれるのが腹横筋!!!!
腹横筋が使われることにより、腹圧が高まった状態を作ることで
腰椎(腰の骨)が安定し、腰椎が支えられて負担が減るんです。
 
ウェイトリウティング等で、腰にベルトをまいているのをご覧になった
ことがあると思います。
ベルトを締めることで、腹圧を高めて腰を守っているんです。
 
それと似ていて、カラダのコルセットでお腹を締め、腹圧を上げ体幹を
しっかり固定するということになります。
 
この腹横筋がうまく使えてないと、腰痛のリスクが高まる可能性が
ありそうですね。
 
 
自分が本来持っている ”天然のコルセット” をうまく使っていきましょう!!

腰痛にお困りの方は、是非「ちゅ楽」へご相談ください。

多裂筋って知ってますか?

多裂筋という筋肉をご存知ですか?
筋肉に詳しい人は、知っているかもしれませんが、あまり聞いたことのない
筋肉だと思います。
 
しかし、この多裂筋はとても重要な筋肉で背中にあります。体幹を支える
筋肉のひとつなんです。
 
腰痛は、多裂筋が関与していることが多くあるので、今日は多裂筋について
少し書いていきます。
 
背骨を支えている有名な筋肉は、脊柱起立筋です。その脊柱起立筋よりも
深層部に位置するのが多裂筋です。
仙骨~腰の下の部分の多裂筋は身体の中でも、最も強靭な筋肉と言われて
います。

主な働きとして、脊柱の固定、伸展、回旋、側屈です。
 
 
その多裂筋が筋力低下すれば、骨盤・腰椎の安定性は失われてしまいます。
日常生活で日頃から悪い姿勢でいると、多裂筋の疲労が増し腰椎の安定が
失われ、結果的に腰痛が起きることが多くなります。
 
もちろん、腰痛の原因はさまざまですが、腰の安定性は腰痛にとって
とても重要なことですので、多裂筋の筋力低下は防ぎたいですね!
 
トレーニング方法やストレッチは、ちゅ楽にご来店の際にお尋ねください。

腰痛の予防には、整体でカラダを整えるのがオススメです!
 
 

父の日限定ご招待券発売中

今日は父の日。

母の日に比べて、ちょこっと印象の薄い父の日ですが、

お父さんへの感謝の気持ちは、お母さんへの気持ちと同じです。

『お父さんありがとう』の気持ちをご招待券に忍ばせて送りませんか?

まだまだ間に合います。

ちゅ楽でお待ちしております。


もうすぐ父の日!

今度の日曜日は父の日です。

日頃頑張って働いているお父さんへ、感謝の気持ちを表したい。

お父さんはどんなことを喜んでくれるのかしら?

ちゅ楽の黒一点、佐久眞オーナーに聞いてみました。

『お父さんありがとう

シンプルにこれが一番嬉しいそうです。

父の日は、日頃なかなか口に出来ずにいる感謝の気持ちを伝える良い機会ですね。



気持ちと一緒に、ちゅ楽のご招待券をプレゼントするのはいかがでしょう。

いつも忙しいお父さんに喜んでいただけるよう、父の日バージョンのご招待券をご用意しました。


ボデイリラクゼーション60分+ヘッドケア20分 ¥7,777


合計80分のコースがいつもよりお得になってます。

上記以外のちゅ楽の全てのコースのご招待券をご用意できますので、スタッフまでお気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、『お父さんありがとう』の気持ちを込めて施術いたします。

どうぞご利用くださいませ。

 

梅雨といえば

関東地方も梅雨入りしましたね。

こうしたニュースで季節を感じられるのも、

四季のある日本ならではの良さだなぁと思う今日この頃です。

お客様のお話を伺っていると、「そろそろ“梅雨”入りだなぁ」と

感じる話題があります。

この時期になると、“頭痛”や“むくみ”を訴えるお客様が増えるのです。

気圧が自律神経に及ぼす影響で頭が痛くなる、なんてお話もよく聞かれますね。

日頃から自律神経のバランスを整えるように気を付けることは頭痛の予防になりますので、

思い当たることがありましたら、食事や睡眠、運動、ストレスなど、見直してみてくださいね。

一方のむくみ。

こちらも梅雨時から夏場にかけて、辛差を感じるお客様が増えてきます。

湯船につかったり、ふくらはぎを動かす運動をしたり、セルフマッサージもむくみ解消に良いですね。

BIOLABのユイル ドゥ メタボリズムはセルフマッサージにおススメです。


グループフレーつの爽やかな香りも、暑い時期に心地いいです。

このユイル ドゥ メタボリズムインディバを組み合わせた

代謝アップバイタルトリートメントも是非お試しください。


むくみは冷えへ、冷えは代謝ダウンへとつながりますので、放っておかず対処しましょう。



 

12

« 2017年5月 | メインページ | アーカイブ | 2017年7月 »