HOME > スタッフブログ > アーカイブ > 2014年2月

スタッフブログ 2014年2月

頭の緊張

2月のキャンペーンのヘッドケアが好評でしたので、
今回は頭部(頭蓋骨)についてです。
 
 
頭蓋骨はたくさんの骨で構成されていて、
それぞれの骨のつなぎ目(縫合)にはわずかに可動性があります。
 
この骨の構造の周囲に、咀嚼筋といって顎を動かす筋肉(側頭筋・
咬筋・・・etc)や、顔の皮膚を動かす表情筋などが
付着しています。
 
また、背中の脊柱起立筋は、頭頂部を包む帽状腱膜から前頭筋
に筋膜でつながっています。
それは、背中~首の後ろ側~後頭部~頭頂部~ひたい~眉間と
つながっている為、連続性がみられます。
 
肩の筋肉である、僧帽筋も上項線(後頭骨)に付着している為
頭部のゆるみは肩や首、背中まで影響します。
 
 
例えば、どこか硬く緊張しているところはありますか?
 
頭の前と後ろには緊張がなくリラックスしている状態が
わかりますか?
 
もしかしたら、慢性的に緊張を感じる場所があるかもしれません。
 
頭部の表面ではなく、頭の中に緊張を感じる方もいるかもしれません。
 
また、眉間にしわを寄せたり、口を大きく開けたりすると、
それらの緊張がいろいろ変化するのにも気がつくと思います。
 

今、PC画面の中のこの文章を読んでいる状態から、
画面から目を離して周囲から聞こえてくるすべての音に耳を
かたむけるとどうですか?
 
そうすることで、知覚を視覚から聴覚にシフトさせると、
頭の位置が変化し、頭部の緊張や目、肩、首の緊張が変化する
のがわかると思います。
 
 
私たちの生活は文字情報に大きく依存していて、ネット情報で
PCやスマートフォンを見て、視野の中央部に意識を
集中させる傾向があります。
 
それが頭部の緊張にも現れていると思います。
DSC_0260.jpg
 
そこで、2月に好評だった新規のお客様限定キャンペーン
かっさヘッドケアを3月はヘッドケア(20分)で引き続き実施
いたします。
 
新規の方は、必見です。
 
ヘッドケア(20分)がなんと無料ですよ。
 
但し5,000円以上のコースにオプションで
つけていただきますが、無料というのはお得です。
 
頭部のゆるみは、いろいろな影響があります。
是非、この機会にご来店ください。
 
 
 

ケアが大事!

みなさん、ソチオリンピック観てましたか?
いよいよ今日で、2014ソチオリンピックが閉会します。
 
 
選手の皆さん本当にお疲れ様でした。
本当に楽しませてもらい、感動させてもらい、
いろいろと勉強させていただきました。
 
ベストを尽くし、メダルを勝ち取った選手、あと一歩でメダルに
届かなかった選手。
全ての選手が精一杯やったから、嬉しくもあり悔しいんです。
 
感動をありがと~
選手のみなさん、お疲れさまでした。
 
 
 
そして今日、東京マラソンがあります。
 
ちゅ楽に通っているお客様も何人か出場しています。
今日まで、走りこんで練習してきた成果をだして
頑張ってください。
 
そして走った後のケアは、とても大事なんです。
 
フルマラソンの疲労が取れるには、1か月必要だとされています。
1か月の間隔をおかずにマラソンを走るのはちょっと無謀です。
 
数か月後に疲労がたまり、体調を壊すことも多いですから、
十分休養してから次のレースに出場しましょう。
 
フルマラソン後は、1~2週間は、ウォーキングや
軽いジョギングをして疲労を取っていきます。
 
アロマトリートメントで、筋肉をほぐしリラックスする事は、
疲労回復には、とても効果が期待できます。
 
 
アスリートは、疲労の取り方も上手です。早く疲労を取り、
故障をしないようにトレーニングの時から注意して、
カラダのケアをとても大事しています。
 
 
マラソン後のケアに、是非ご来店ください!

2/14(金)~16(日) チョコプレゼント中♪

今日もすごい雪になりましたね・・・

ホワイトバレンタイン


この寒い雪の降る中
ご来店下さるお客様には
感謝の気持ちでいっぱいです


バレンタインということで
ちゅ楽ではこころばかりですが
チョコをプレゼント中です

2/14(金)~16(日)の3日間
ご来店下さった
お客様にお渡ししています



勿論。
女性のお客様にも

__ 3.jpg


先月。
新宿の伊勢丹で
サロン・ドゥ・ショコラ展をしていたので
ちょこっと覗きに行ってみたんです。

__ 1.jpg

フランスやらベルギーやら
沢山のショコラティエが来日していて
買ったチョコにサインまでもらっていました・・・

辻口さんのショコラシューを買い。
すたこら、退散しました

このショコラシューすごく美味しかったんです

__ 2.jpg

これは、ここだけの限定だったのでしょうか・・・


最近、知人が美味しい
と紹介していたチョコを早速買ってみました

__ 4.jpg
__ 5.jpg

バニラビーンズのショーコラ。
意外と男性が好むようです

濃厚だけどしつこくない
口どけの良いチョコを
クッキーでサンドしているんです

美味しかったですheart04

バニラビーンズ

良かったらご覧下さい


みなさんは、どんなチョコを頂きましたかlovely



腕の機能

今回は、腕の機能についてです。
 
腕が辛いのに、肩や背中、肩甲骨をほぐしていくのには
理由があります。
 
お客様の中には、「腕だけほぐしてくれればいいのよ」
なんて言う方もいますが・・・
 
 
手~腕の動作は、大きく分けて2通りあります。
 
1つは、表層の筋肉を過度に緊張させて、腕を動かすやり方です。
これは肩甲骨周辺や背中が固定され、体幹はまったく動かないで、
上腕から手が動くような感じです。
 
五十肩などの症状を持つ人は、おそらくこのように腕を動かして
いるのではないでしょうか。
 
また、パソコン作業が多い方は、腕だけが動いて胴体部分が
まったく動かないことが多いように思います。
 
 
もう1つは、関節が安定しながらもしなやかに動くことです。
 
動き方で、背骨~肋骨~胸骨~鎖骨~肩甲骨などが連動して、
体幹から外に向って動きが拡がっていく感じです。
 
この動きこそが、本来の腕の動きになります。
 
 
それでは、手~腕~肩の構造を簡単に書きます。
 
運動学などの分野では下肢を骨盤帯と呼ぶのと同様に、
上肢は肩甲帯と呼んでいます。
それは腕の機能には肩甲骨と鎖骨および、それに関与する筋肉が
欠かせないからです。
 
肩甲帯は、手の骨+前腕の骨+上腕骨+肩甲骨+鎖骨で
構成されています。
上腕骨は肩関節で肩甲骨と鎖骨に連絡し、
鎖骨が胸骨に連絡(胸鎖関節)しています。
 
肩甲帯と胴体との連結はこの胸鎖関節だけなので、
背中側の肩甲骨は関節としての連結はなく、
胸郭の表面を滑るように動き、手を上げるなどの動作が可能です。
 
つまり腕を動かすということは、
手+前腕+上腕+肩甲骨+鎖骨の肩甲帯を動かすということなのです。
 
そこで、この肩甲帯がしなやかに動くためには、
肩の周囲の筋肉が過度に緊張せず、動きが制限されないことが
腕を動かすことにとってとても重要になってきます。
 
 
ちょっと難しい話になってしまいましたが、
腕の機能は、腕だけではなく肩甲骨や背骨、鎖骨、肋骨と周辺の
筋肉が大事というお話でした。
DSC_0258.jpg

今度は、周辺の筋肉のことも書いていきますね。
 
 
 

ココロとカラダ

腰痛は多くの方が、悩んでいる症状のひとつです。
 
あるお客様が来店し、「昔から腰痛に悩まされている」との事、
いくつかの病院を渡り歩くも原因がわからず、
いろいろな治療院にも通ったそうです。
鍼灸や接骨院、整体、マッサージ・・・etc
いろいろ試みたが、一時的に楽になってもまた元に戻ってしまい
変化は、まったく感じられなかった。
このまま腰痛と一生付き合うのかと思うと、
気分も落ち込み、精神的な疲労がでている様子でした。
 
 
 
一昨年末に、日本整形外科学会・日本腰痛学会が
発表した、非特異的腰痛
 
 
さきほどのお客様のように、原因がはっきりしない腰痛
非特異的腰痛といい、実に腰痛の85%がこのタイプだと
近年わかってきたそうです。
いわゆる「ぎっくり腰」も非特異的腰痛に含まれるといいます。
 
去年の新聞にもとりあげられていた「腰痛の原因はストレス」
という記事も見たことがあると思います。
 
 
ココロとカラダは繋がりがあって大きく関係しています。
 
 
 
痛みの原因が精神的なストレスなのか身体的な歪みや
生活習慣の負担なのか、お客様ときちんと向き合って探っていく
ことが大切だと思います。
 
 
実際にお客様の中には、話を聞いてもらうだけで症状が
和らいだり、腰痛が起きた時の対処法や生活習慣をアドバイス
しただけで良くなるケースもありました。
 
 
 
ちなみに、先ほどのお客様は整体で歪みを調整し、アロマで
リラックスして身体的にも精神的にもアプローチできた結果
だと思います。
今では、3ヶ月に一度のメンテナンスだけで、腰の痛みは
ほとんどありません。とうれしいお言葉をいただきました。


腰痛でお悩みの方は、
一度「ちゅ楽」へ、ご相談にいらしてください。

骨盤を立てる

みなさん、雪は大丈夫でした?
 
かなり、スゴイ大雪でしたね。
昨日の帰りに、雪に埋もれている車を発見しました。
DSC_0256.jpg
 
 
今日は、朝から家の前を雪かきして、それから出勤!
お店の前の道も雪かきをして、朝からかなりの肉体労働でした。
 
みなさん、くれぐれも転ばないように気を付けてください。
 
 
今日は、 
「骨盤を立てる」とは、どういうこと?
を書いていきます。
 
 
お客様を施術していて、「骨盤を立ててください。」
とアドバイスする時に、骨盤を立てる??
という疑問がでてしまいます。
 
 
確かに、「骨盤を立てる」という言い方は、
解剖学的運動学的な表現方法ではありません。
 
「骨盤を立てる」とは、
骨盤が前傾も後傾もしていない(前後に倒れない)状態で、
まっすぐになった状態のことです。
 
その状態をつくるのが、坐骨結節(お尻の下の骨)を意識して
床に突き刺すように座り、背骨を上に引っ張ることなのです。
 
背骨を上に引っ張るということが、とても大事なんです。
 
 
「骨盤を立てる」理由は、
その状態がハムストリングス(太ももの裏)の筋肉をしっかり
伸ばし、機能が発揮できます。骨盤の後傾があると腰への負担が
大きくなるので、腰を守るためには必要です。
 
骨盤が後傾して腰を丸めて座った状態は、腰椎が後弯した状態
なのです。
ハムストリングスは、坐骨結節から膝下の内側や外側についています。
骨盤を後傾した状態では、坐骨結節も前方にでてしまう為、
その状態ではハムストリングスの機能がうまくできないのです。
 
 
ハムストリングの筋肉のことを書いていますが、大腰筋や腸腰筋
などの最も重要な筋肉もあるので、それはまた今度書きますね。
 
 
「骨盤を立てる」ことで、腰椎に生理的前弯ができます。
骨盤を後傾して腰椎を後弯させると、椎間板の内圧が髙くなり、
腰痛が起こりやすく、腰椎ヘルニアの方は、この状態が多いです。

DSC_0257.jpg
 
こういう理由で「骨盤を立てる」のは重要というわけです。
 
座っている時に、坐骨と背骨を上に引っ張るということを
意識して座ってみてください。
 

ご来店の際には、お気をつけて!

いや~スゴイことになってますね。

DSC_0255.jpg
外は真っ白ですよ!

今回の雪は、去年の「成人の日」の大雪よりもすごい
みたいです。
 
あの時は、雪が降ったのは、数時間でしたが、
今回は、ほぼ1日中降るみたいですよ!
それに、これからがピークの時間帯と言ってました。
 
普段、雪になれていない関東でこれだけの大雪が降ると、
みんな大変です。
 
個人的には、あまり雪を見ないのでテンションあがりますが・・・
 
 
そんな大雪の中、いつもどおりに予約をしていただいて、ご来店
いただいてるお客様には、感謝です。
 
そして、予約がいっぱいでお断りしたお客様、ごめんなさい…
 
 
そして、「ちゅ楽」からのお願いです!
くれぐれも、ご来店の際にはご注意ください!
 
足元は、かなり滑りやすくなっています。
「ちゅ楽に行くときに、転んだ!」なんて事になってはいけません。
 
明日の朝まで、雪が降るとの予報ですので、明日日曜日に
ご来店のお客様は、お気をつけてご来店くださいませ。
 

1

« 2014年1月 | メインページ | アーカイブ | 2014年3月 »