HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

バイオラブとホメオスタシス

春は急に肌がカサついてきたり、
吹き出物が出やすかったり・・・
お肌にトラブルの起きやすい季節です。


季節の変わり目は、気温の急変や湿度の変化、
様々なものの急激な変化によって
私達の体の中もその変化に対応してバランスを取ろうとします。


このバランスが上手くとれていけば問題はないのですが
ストレスや食生活の乱れなどで、
バランスがとりにくい状態になると
様々なトラブルが発生します。
お肌のトラブルの原因も大きく関係してきます。


このバランスを取ろうとしていく働きを
ホメオスタシスと言います。


ホメオスタシスは外部・内部の環境変化に応じて、体の内部の状態を
一定に保とうとする働きで、私たちの自然治癒力に大きく関わります。
具体的な例を挙げましょう。

  • 気温にかかわらず、体温を36度程度に保つ。
  • 身体のなかに細菌などの異物がない状態を保つ。
  • 軽いけがをしたりかぜをひいたりしても、時間が経てば健康な状態に戻る。
  • 塩分濃度や血糖値など、体液の組成を一定に保つ。
  • 体内の水分量を一定に保つ。
  • ダイエットを始めても、体重が減りづらくなる。
普段意識はしていなくても、私たちのカラダにはこういった
恒常性を維持しようとする機能が備わっているのです。
すごいことですよね。


ホメオスタシスには

自律神経

内分泌

免疫


という三大システムがあります。
外部からのストレスが加わり、ホメオスタシスが乱れそうになった時
三大システムが守ってくれます。


自律神経は、呼吸・心拍・血圧・発汗などをコントロールする働きがあり
股間神経と副交感神経の二種類があります。
ストレスなどでホメオスタシスが崩れそうになると、交感神経が活性化し
ノルアドレナリンなどのホルモンが分泌されます。
このアドレナリンが心拍数や血圧、体温上昇などを引き起こします。
そしてストレスが去ると副交感神経が活性化し、
体は落ち着いた状態に戻っていきます。

内分泌とは血管や細胞を通し、身体の内側へのホルモンなどを分泌する作用です。
内分泌は分泌するホルモンの種類や量を調整することで
ホメオスシタスを維持しています。

免疫とは、異物やストレスに対する防衛反応のこと。
私達が簡単に風邪をひいたり、体調を崩したりしないのは
侵入してきた細菌や異物を免疫系がブロックしてくれているから。


ホメオスタシスの維持は上記の3大システムが2種類のフィードバック
をすることで行われるものです。

プラスのフィードバック・・・神経やホルモンの動きを強める
マイナスのフィードバック・・・神経やホルモンの動きを抑える



ちゅ楽で取り扱っているサロン専売化粧品「バイオラブ」は
このホメオスタシス(恒常性)に注目して商品開発を行っています。


バイオラブの製品は
外面と内面、精神面からの作用によってホメオスタシスのバランスを整え
健康で美しい肌に導きます。


バイオラブ社独自のレシピハーブを調合。
ハーブの持つ力、植物の多様な成文が恒常性の
バランスを整えます。
それにって肌本来の働きが回復、および高まることで
一時的なケアではなく
根本からトラブルの起きにくい自立肌へと導く商品です。



ご希望の方にはサンプルもお渡ししています。
繰り返す肌トラブルや年齢肌が気になる方にとくにおすすめです。



気になる方は
スタッフにお気軽にお申しつけください。








さくらセラピー




今日は日差しは暖かいのですが、
つめたい風の強い一日でしたね。

先週半ばから青葉台の桜もポツポツ花が咲きはじめ、
今日まさに見ごろ!と咲き誇っています。

桜の淡いピンクの花は
見ていて気持ちが明るくなりますね!

フラワーセラピーでは
桜には

①心に癒しを与える
②イライラを鎮める
③未来に希望を持たせる

といった効果があるそうです。


こんなご時世なので
桜の下にシートをひいて、いざお花見…とは出来ませんが
ご近所や移動途中に桜があるようなら
散歩や眺めにいくことで、桜のセラピー効果を体感しにいきたいですね!
 




ココロとカラダのバランス崩れてませんか?

新型コロナウイルス感染拡大の状況に、普段どおりの生活ができなくて、辛くなっていませんか?


 
テレビやネットなどのたくさんの情報に惑わされて、ココロとカラダのバランスが崩れていませんか?
 

 
今、自分でできる事を考え行動することが、この状況を変えることができると信じています。


 
 
●ココロの疲労を軽減しましょう!

・テレビやインターネットなどの情報から、少しだけ離れる時間も必要です。
今は、テレビをつけるとほとんどがコロナウイルスの情報ばかりです。
「感染者が何人だ」、「どこどこに初の感染者でました」、「パンデミック」やら「クラスター感染」…etc
ネガティブワードが満載です。
そんな情報から、少し離れる時間を作りましょう。




 
・リラックスする時間をつくりましょう!
ココロの疲労には、リラックスすることが重要です。
例えば、入浴です。熱め(41~42℃)の入浴は起床時にさっとカラダを起こす効果があるのに対して、
ぬるめ(38~40℃)の入浴は、副交感神経が優位になるためリラックス効果がかなり期待できます。




 
・寝れない…、気持ちが不安…、そんな時は、誰かと会話しましょう!
誰もが【不安】を感じている状況です。「いつになったら終息するのか…」、「自分が感染したらどうしよう…」
いろんな不安があると思います。
 
そんな不安を解消するには、誰かと会話してください。
不安な事も誰かと共有する事で、気分転換になります。



 
・好きな香りを楽しむ
素敵な香りや好きな香りに包まれると、リラックス効果があり、ココロの緊張が解けてココロの疲労回復には、
効果抜群です。
特に、アロマの香りをかぐと、芳香成分が鼻の粘膜から脳に伝わって自律神経を刺激し、ココロが落ち着いて
リラックスできます。



 
●カラダの疲れを軽減しましょう!
 
・睡眠をしっかりとることが大事です。
カラダの疲労回復に効果があるのが睡眠です。睡眠には、日中使われている脳細胞が休まり、
全身の新陳代謝がよくなり、疲労回復が望めます。



 
・食事を意識しましょう!!
バランスの良い食事を意識すると、カラダの疲労回復に欠かせないビタミンやミネラルなどの消化吸収を
改善させることが期待できます。
カラダが疲れている時は、内臓も同じように疲労していることが多いため、体調に合わせて消化吸収に
良いものを選び、意識して食事のメニューを考えましょう。




 
・適度な運動をしましょう!
疲労状態のカラダは、筋肉が固まって血行が悪くなり、細胞に栄養が運べなくなったり老廃物を排出したり
することも困難になります。むしろカラダを動かすことによって、全身の血行を良くし、体内に溜まった
疲労物質を取り除く効果が期待できます。




 
 
●子どもたちのココロやカラダのケアをしましょう!

学校が休校になり、ご自宅で過ごす時間が増えているお子さんが多くいます。
子どももストレスが溜まり、イライラしたり、不安を訴えたりすることが増えていませんか?

 
そんな時に、自宅でできる「カラダ遊び」をやってみるのも楽しいですよ。



日本サッカー協会のYouTubeチャンネルは、さすがアスリートって感じで面白いです。


お父さんやお母さんも意外とはまりそうですね。
 
 
 
ストレスを感じたり、不安を感じる事は、誰もがあることです。
今できることを少しづつ行動しましょう!

 
この事態の沈静化、すべての皆様のご安全を心よりお祈り致します。







この記事を書いた人

    
 沖縄生まれ沖縄育ち、
カラダがツラい時に頼れる存在です。
     佐久眞 正己
 Sakuma Masami

 
 

輝く透明感!最強美白美容液

ちゅ楽のフェイシャルコースで使用している
サロン専売化粧品、「BIOLAB」から
新しい美白美容液が3月10日に発売されます!!

冬の乾燥ダメージが肌に蓄積して、
肌表面のバリア機能や保湿機能が低下しやすくなっています。
そこに花粉や紫外線の影響を受けることで、
「肌荒れ」や「シミ・そばかす」などの悩みが目立ってくることも
花粉をブロックして肌荒れケアできるアイテムや保湿しながら
美白もできるアイテムなどを取り入れて
揺らぎやすいこの季節の肌をしっかりケアしましょう。

そこで使っていただきたいのが


美白美容液「薬用 セラム ブランシサン」(医薬部外品)

薬用 セラム ブランシサン 50mL 15,000 円(税抜)
         2020 年3 月10 日(火) 店頭発売


バイオラブ独自の処方でシミ生成ルートに段階的にアプローチ。
メラニンの生成を抑えて、シミ、そばかすを防ぎます。

「生成:抑制」
ビタミンC誘導体がメラニンの生成を抑えます。

「運搬:排出」
メラノサイトから排出されたメラニンの運搬をコントロール。
肌細胞にメラニンを渡さないことでシミの生成を防ぎます。


「集合:分散」
肌細胞内に居座るメラニン色素を分散させることで
「今あるシミ」にも効果を発揮します。




という
本来の肌機能に着目し、
シミにさせないようコントロールして
いく美白美容液です。
 
和漢ハーブの複合効果で、今あるシミも未来のシミリスクから
もお肌を守り、透明感あふれる素肌美の楽しさを叶えます。


ご興味のある方は是非スタッフまで声をお掛けください!


 

3月3日は耳の日



今日は3月3日、雛祭りですが
耳の日でもあるそうですよ!
日本耳鼻咽喉科学会が1956年(昭和31年)に制定したそうです。
今年はコロナでイベントが中止になってしまったそうですが、
毎年3月3日に全国で様々なイベントをしているんだそうです。

耳と言えば、
耳も「凝る」のをご存知でしょうか。
耳たぶを軽く揉んでみて
硬い!とか痛い!!と感じたら。
完全にコリコリの状態です。

耳に近い部分の【目】【肩】【首】
が凝ってる方は高確率で耳も固くなってしまっています。
柔らかくなるまでほぐしてあげると不思議と
肩や首回りも辛さが和らぎます。
理想の耳たぶはマシュマロの柔らかさ。


毎日の耳チエック、肩こりさんや目のお疲れが強い方に
おすすめです。

ちゅ楽のヘッドケアやフェイシャルトリートメント
では、耳回りのコリもしっかりほぐします。
是非いつもコースにプラスしてお試しください。

春の気配



ちゅ楽に来るまでの通勤途中に

毎年早咲きの桜があるのですが、その桜が咲くと

おおよそ1週間後にソメイヨシノが開花します。



その早咲きの桜が・・・・・

昨日あたりから咲きはじめました!!

早い!!!



先日桜前線が発表されて、関東3/15あたりの開花予報となっておりましたが

もっと早いかもしれませんね。



先程福岡県で

「白モクレン」が開花し始めたというニュースを見ました。

春到来を感じさせるニュースですね。



花粉シーズン到来で体温あげていきます。

ここの所、ずいぶんと日が長くなりました。

12月には16時30分ごろには暗くなっていましたが、今は17時30分くらいでしょうか。

寒い寒いと言いながらも、一足ずつ春が近づいてくるのを感じると、

毎冬のことなのに、不思議な気持ちがします。

毎日の通勤の通り道では、梅が咲き、早咲きの桜も花開いています。

2、3日前には、沈丁花が咲いているのも見かけました。

今年の冬は暖かい日が多く、手袋や防寒用の帽子の出番が少なかったです。

「冷えて辛い!」というお客様からに声も少なめだった様に思います。


ところが!です。

ここへ来て、「寒い」と感じるようになりました。

私にとっては毎年の年中行事なのですが、花粉が飛び出すと体が冷える感じがするのです。

昨日あたりから、胸の当りがスース―しています。

こんな時は温めてあげるのが一番!

温かくしていると、花粉症の症状も和らいできます。


体温の調節は自律神経が司っています。

自律神経のバランスが乱れると、体温調節がうまくいかなくなるということでもあります。

自律神経のバランスが崩れると、体温調節以外にも体に悪影響が現れます。

免疫機能もそのひとつです。

人間のカラダには、外から侵入してくる病原菌などと戦ってくれる「免疫」という働きが備わっています。

自律神経のバランスが崩れると、体温調節や免疫システムがうまく働かなくなってしまいます。

例年より暖かいとはいえ、風邪やインフルエンザなどの心配がないわけではないですよね。

一説によると、体温が1℃下がると、

免疫力が37%低下

基礎代謝が12%低下

体内酵素の働きが50%低下、

などと言われています。


魔の「冷え」ループはこんな感じ↓↓↓。

【血行不良】
  ↓
【酸素、栄養素が各部位に運ばれない・細胞の働きが悪くなる・体温低下】
  ↓
【老廃物が溜まって血管が詰まりやすくなる】
  ↓
【血行不良】→とループしていくのですね。

どこかで断ち切りたいですよね。

そんな時はインディバがおススメです。



身体の芯から温かくなるインディバを定期的に受けてくださっているお客様からは

「風邪をひかなくなった!」「いつも元気ですねと言われるようになった」とのお言葉をいただいています。

免疫力アップ、体調アップのためのインディバ、おススメです。

疲れが取れない、コリが辛い、そんな方にもおススメですヨ。

ご体験ください!

脳活

脳のためにも運動を!!



体を動かすことで脳が刺激され、
仕事効率が上がったり
ドーパミンやセロトニンが分泌され気持ちも前向きになったりと
筋肉を動かすことで「脳が鍛えられる」と言われています。

中でも「脚」の筋肉を使うことで
大幅に脳への血流量が上がります。
筋肉トレーニングでも効果はありますが特に
走ることが脳を鍛えるのに効果的といわれています。

なぜ走ると脳が鍛えられるのか



走ると脳に良いコトが沢山起こるのです。



①足を動かすだけで脳が刺激される

筋肉を動かすと筋肉の中の感覚器から信号は発せられ、
脳が活性化されます。
得に脚は筋肉量が多く感覚器が集中しているので
走ることで絶大な効果が得られます。
足の筋肉からの信号だけで
記憶・発想・想像力が10%増大するといわれています


②血流がよくなりで脳に栄養が行き渡る

筋肉は心臓から送られてきた血液を送り返す「ポンプ」の役割のになっています、
酸素を沢山含んだ血液が脳に行き和tがることで脳はさらに活性化されます。
走った後に越流反応を見ると特に真っ赤に反応しているのが海馬と前頭葉。
走ると頭がすっきりすると感じるのはこのためです。


③脳細胞が増える

ランニングで血の循環がよくなり、脳内が新鮮な酸素を打組んだ血液で満たされると
なんと。脳細胞がふえます。ニューロン新生といいますが、脳細胞が増えるということは
バイパスがどんどん増えていくのと似ています。
バイパスが増えると全体的に交通の便が良くなり移動スピードが速くなります。
同じように脳細胞が増えると細胞同士をつなぐ部分が太く、強く、しっかりとしてくることで
連結が強化され、情報伝達のスピードが加速していくイメージです。


④海馬が大きくなる(記憶力がUpする)

このことは海馬を対象にした実験で数億報告されています、
脳細胞の数が増え、それぞれの連結部分が太くなっていくと
重さにも変化が出てきます、
海馬は記憶司る期間なので鍛えれば当然記憶力があがります。



これだけいいことづくめなら
クリエイティブ系の仕事をしている人はもちろん、
年齢が気になり始めた方も
走りたくなってしまいますね!!

走ることは健康を維持することの大きな手助けとなりますが
急な激しい運動は怪我に繋がりますので
くれぐれもお気をつけて・・・!!!


体を温めるホットタブの出番です

「寒いですね」が挨拶代りになる、今日はそんな一日でした。

晴れることが多い関東の冬で、こんなに一日中雨が降っているのは珍しいですね。

これが雪だったら、今頃大変な事でした。

家に帰れない~。

ですので、昨日は「雪は降るかな?」を一日気にしておりました。

雪は免れましたが、今日の夜中には大雨が降るそうです。

眠りを妨げるほどの雨…、と天気予報のサイトにありましたので、

お帰りが遅くなる方はお気を付けください。



こんな寒い日は早く帰って家でゆっくりしたいですね。

そういう時は、ホットタブのお風呂がおススメです。

身体の芯からじっくり温まって、暖かい部屋で過ごす、

いいですねぇ。

免疫力アップが必要な時期ですから、

暖かい部屋でのんびり過ごすのも良いかと思います。

体温が一度上がると、免疫力が5倍から6倍アップするなんて耳にしたことがあります。

逆に言えば、体温が低くなれば免疫力が落ちるということですよね。

冬のホットタブ&温かいお部屋でヌクヌクをご体験くださいませ。


アラビックヤマトでワクワク

アラビックヤマト!
驚きました~!!

液体のりと言われたら、瞬時に思い付くのがアラビックヤマト。
私もOL時代にはよく使ってました。
今もいろんなところで見かけますね。
そのアラビックヤマトが、意外なところで意外な働きをするなんて、思いもしませんでした。
こういう研究者の方たちって、どんなきっかけでアラビックヤマトを使おうと思いつくんでしょうね。
聞いてみたいです。
海外の方たちは、アラビックヤマトを知っているのかなぁ?
液体のりと言ったら、全世界で同じ成分の糊を使っているのでしょうか?
疑問がふつふつと湧いてきます。
こう言いうニュースは楽しくていいですね。
身近なものが多くの人の助けになるなんて、ワーオ!です。

楽しい気分というのも、血流が良い状態であるために一役買ってくれます。
逆に、うなだれるような気持ちは血流ダウンにつながります。
身近なところにある楽しいを感じて過ごしたいものですね。

それでもなんだか滞ってる~、と感じていたら、ちゅ楽へいらしてくださいませ。



12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。