月別 アーカイブ

HOME > スタッフブログ > アーカイブ > 三浦ブログ

スタッフブログ 三浦ブログ

いつまでも健康で長生きするために!





現在日本人の平均寿命は年々伸び、2020年で

男性84.41歳、女性87.45歳

になったそうです。
江戸時代~戦後まで平均寿命はおおよそ50~55歳だったらしいので
この平均寿命の伸び率は人類の歴史から見ても脅威的です。


しかし、ただ「長く」生きればいいというものではありません。
「いつまでも健康に長生きしたい」という願いは
昔から現在に至るまで多くの人の願望です。


平均寿命が50年だった300年前の江戸時代、
儒学者、貝原益軒が書いた
健康指南書『養生訓(ようじょうくん)』
という本が発行され、当時江戸の大ベストセラーになりました。





養生訓の内容

この書物に書かれている内容は
現代でも十分に通じる健康への本質を突いたものです。


・全てにおいて活動的であること
・感情の起伏が自然であること
・よく眠ること
・好き嫌いなくよく食べ、排泄すること
・大きな声を出しておおわらいができること
・切り替えよくスムーズに行動できること
・運動を嫌がらない
・適度な欲望を持ち、執着心を持たない
・新しいことに興味がもてる
・世代の違う人と気軽に雑談できる
・人を思いやる心の余裕を持つ
・男女の性を意識する
・自信と謙虚さを持つ


などなど。さらに

・気力と体力には限界がある
・気は養わないと損なわれる一方になる


と言っています。



要約すると

「適切な食事や休暇を取り、趣味や運動などで気を養い、
心を穏やかに、怒りと欲を抑え、憂いや思い煩いを少なくし、自分を苦しめない」


で生きることが大切だと説いています。

食事のバランスが崩れれば美容も健康も損ないますし
休暇を取らなければ、カラダは回復しません。
日々のストレスは趣味で発散し、
運動は肩こりや腰痛などの緩和や予防、さらには様々な体の調整をしてくれます。
ストレスが強いと体の中で活性酸素が多く発生し、免疫は低下し
様々な病気や疾患にかかりやすくなります。


いかかがでしょうか。
なかなか簡単に実践できることではありませんが、
意識をすることはとても大事な事です。


昔も今も、大事なことはさほど変化しないということなんですね。


養生訓の教えを
障害健康でいるためにご活用ください

  




整体&フィトアロマテラピー ちゅ楽
〒227-0055 横浜市青葉区つつじが丘23-14
                 アルファ青葉台ビル2F

動ける老後のために~運動習慣は中高年から~



シニアになっても元気でいたい、
平均寿命よりも「健康寿命」を
意識する方が増えてきました。

平均寿命とは
0歳児における平均余命。

健康寿命とは、日常生活を制限されることなく
健康的に生活を送ることの出来る期間のことを言います。
日常生活の制限とは、介護や病気などを指し
自立して元気に過ごすことが出来ない状態のことです。
近年は平均寿命がのびる一方
平均寿命と健康寿命の差が広がってきています。
つまり健康でない、自立して過ごせない期間が長くなってきているということです。
平均寿命に着目するより健康寿命を延ばしていくことが大事になってきます。
健康維持に努めて介護や寝たきりといった生活をできるだけ
少なくすることが大切です。





健康寿命を延ばすためにできること


平均寿命と健康寿命の差を埋めて、
介護生活につながってしまう原因をできるだけ遠ざけるためには、
どのようなことができるのでしょうか。

介護や寝たきりといった生活になるリスクを避けるには
筋肉・関節・骨などの運動機能を維持することが大切です。

シニアの場合、飛躍的に筋力をアップさせることが目的ではなく、
あくまでも運動機能を落とさないことが目的なので、
「ハードなトレーニングをしなければ」と気負う必要はありません。

散歩を兼ねたウォーキングや簡単なストレッチ、
1階分だけ階段を使って歩く、
など日常生活でできる範囲で無理せず行いましょう。

また、認知症予防のために、脳を積極的に使って活性化させましょう。
知らなかったことを学び直す、
読書をするなどの知的活動や、
絵を描いたり短歌や俳句を作ったりするなどの創作活動は
脳にとっても、精神面にとっても大きなプラスの影響を与えます。

そして最も大切なことが
このような肉体的・精神的にアクティブな毎日を支えるのは、
食事と睡眠
ということです。
食事では栄養面にも気を配り、バランスよく食べることを意識しましょう。
また、年齢を重ねると睡眠時間が短くなったという方もいるため、
ご自身の睡眠の質が満足いくものかどうか、
今一度振り返ってみることも大切です。




       整体&フィトアロマテラピー ちゅ楽
       〒227-0055 横浜市青葉区つつじが丘23-14
                     アルファ青葉台ビル2


乾燥肌、しわやたるみに絶大な信頼感!ユイル ドゥ ソワン プルミエール グランコレクション

ちゅ楽で取り扱っている
自然療法から生まれてたサロン専売ブランド
BIOLAB
さんからまた今年も発売します!
 
ユイル ドゥ ソワン プルミエール グランコレクション
この時期を楽しみにしてくださるお客様が増えました。
シワやたるみが気になり始めたお肌に嬉しい成分が
沢山はいった、肌にもココロにも嬉しい美容オイルと炭酸美容液のセットです!

今年の発売日は
10月17日。

今年はなんと
美容オイル
ユイル ドゥ ソワン プルミエールF


がお値段そのまま
10g増量でコストパフォーマンスがアップしました!

年齢とともに柔軟性が減少するお肌になめらかなハリとツヤを与える上質美容オイル。
女性らしい精油ブレンドの香りでリラックスさせ、しなやかで潤いに満ちた柔肌へと導き、
秋冬の乾きから守ります。

この『女性らしい精油ブレンド』というのが、
ローズ・ネロリ・フランキンセンス・フェンネル他計9種類がブレンドされてます。
どれも美容にとても良くて、お値段もよい精油のラインナップ。
毎日のお顔のお手入れの度にうっとりすること請け合いです。
朝の目覚めの時に、一日の疲れた後のお手入れに、フワッと香るオイルで癒されて下さい。


香りはもちろん、お肌への効果もバッチリ。
アスタキサンチンやルリジサ種子油などがお肌をしなやかに整えます。



ムースドボーテC

炭酸泡の効果で、濃密なうるおいを肌に届け、あとから使用するアイテムが
お肌に馴染みやすくなります。
血色がよく、すべらかな女性らしいきめの細かい肌を目指します。

このムースドボーテを使用すると、お肌にぽゎ~んと赤みがさしてきます。
空気が乾燥し冷えてくると、お肌が固くなり、化粧水やクリームがはじかれてしまいます。
何を使っても潤わない…、そんな状態になりがちです。
そこを改善してくれるのがブースター化粧水のムースドボーテC。
お肌の血行を良くして、その後に使用する化粧品が効果を発揮できるようにしてくれます。


【セイヨウニンジンボク】
別名チェストベリーと言われるしそ科のハーブ。
セイヨウニンジンボクで保湿力アップです。

【クラリセージ】
「女性のための精油」として知られるしそ科のハーブ。
気分が高揚し幸福感を感じる香りとして古くから飲食物や香水・化粧品に使われてきました。


↑この【クラリセージ】、
女性は40歳を過ぎたら、クラリセージを使いなさいとよくいわれますが、
更年期諸々年齢からくる不調の予防のために。
お肌にもいいんですよ。


どんな香りか知りたい。
使用感を確かめてみたい。

そんな時はスタッフにお声かけくださいませ。




ただ今ご予約受付中です!!!
数量限定販売なので、メーカーの在庫がなくなり次第終了となってしまいますので
語義利用の方はお早目にご予約を!



  



青葉台で気軽にフェイシャル&リラックスをお求めなら
是非ちゅ楽にご来店ください♪
 
       整体&フィトアロマテラピー ちゅ楽
       〒227-0055 横浜市青葉区つつじが丘23-14
                     アルファ青葉台ビル2F

深呼吸で肩こりや疲労を解消!

肩こりや頭痛でお悩みの方は
オーバーワークによる体の使い過ぎが痛みや症状の
原因になっている場合もありますが
精神的なストレスなどで自律神経が乱れて
症状が強くなっている方も多くいらっしゃいます。


そんな方に試して頂きたいのが
深呼吸です。
 

呼吸とは、酸素を肺に取り込み、エネルギーに変えて消費し、
発生した二酸化炭素を体外に排出する事です。
そして深呼吸とは、
意識的に腹筋や胸の筋肉を使いゆっくりと行う呼吸の事で、
通常の呼吸よりもより良い効果が期待できます。



深呼吸の効果
深呼吸には沢山のメリットがあります。
・自律神経が鍛えられる
・血流がよくなる、デトックス効果
・冷え性の改善
・内臓のマッサージ効果
・生活習慣病の改善
・疲れが取れやすくなる
・肩こりや腰痛の改善
・内臓のマッサージ効果
・便秘改善

などが挙げられます。


 
大きく息を吸う事が脳への刺激となって、
脳は身体に「リラックスしろ」という命令を与えるので、
肩や全身の力が抜け肩こりなどの解消になります。

この時の呼吸法は腹式呼吸。
腹式呼吸をすることで、副交感神経を刺激し、乱れた自律神経を整えてくれます。
ろっ骨や鎖骨を大きく動かすことが出来るので、周辺の筋肉をストレッチする効果もあります。
 
また深呼吸によって、胸の筋肉やお腹の筋肉が大きく動くと
血液やリンパの流れがよくなるので、疲労回復やお肌の新陳代謝にも繋がります。

 
色々なやり方がありますが、
ここでは、簡単な方法をご紹介します。

ポイントは、
『なるべく力を抜き、何も考えずに行う』
ことです。
 

 s-深呼吸.jpg
 
 
 
まずは一日一分から始めてみましょう♪」




青葉台で肩こり頭痛にお悩みなら
是非ちゅ楽にご来店ください♪


〒227-0055 横浜市青葉区つつじが丘23-14
アルファ青葉台ビル2F


毛穴を開かせない食生活

青葉台は本日も猛烈な残暑でした。
本日も引き続き毛穴のお話です。




食事で毛穴ケア

毛穴のトラブルを改善するために食事も非常に大切です。
外側から有効成分を導入しても、
身体の中のビタミンが不足していると
効果は期待できなくなってしまいます。

毛穴のために特に摂取した方がいいと言われているのは
ビタミンB1・B2
ビタミンC
ビタミンE

を多く含む食品です。




皮脂分泌を抑えるビタミンを摂る

ビタミンB1・B2には皮脂分泌を抑える作用があります。
夏バテにも効果が期待できるので、この時期是非とりたい食品です。
多く含む食品は
豚ひれ・ウナギ・たらこ・卵 などです。

s-食材.jpg





皮脂の酸化を抑えるビタミンを摂る

ビタミンC・Eは皮脂の酸化を防ぎます。

そこでおすすめなのが、夏に旬を迎える
こちらのお野菜たち。

s-②食材.jpg
s-③食材.jpg


一年中いろいろな食品が買えますが、
旬のものは特に栄養素が高いのでおすすめです。




甘い食品と油の多い食品に気をつける

逆に毛穴を開きやすくさせる食品もあります。
特に気をつけないといけないのが
糖質と脂質のとりすぎです。

糖質や脂質をたくさん採ると
血液中の脂肪や糖分が増加し、皮脂腺を刺激します。
刺激された皮脂腺は活発に皮脂を分泌してしまいます。




アルコールはほどほどに

アルコールも体の中で分解されるときに
ビタミンB1を消費するので、飲み過ぎには注意です。





青葉台で気軽にフェイシャルなら
是非ちゅ楽にご来店ください♪


〒227-0055 横浜市青葉区つつじが丘23-14
アルファ青葉台ビル2F









気になる毛穴はどのタイプ?

今日も暑い陽射しが照り付け、
ちゅ楽のある青葉台は残暑が厳しい一日になりそうです。

まだまだ暑い日がつづきそうですが、
9月は蓄積した紫外線のダメージがシワや毛穴の黒ずみ
などの、お肌表面に現れる時期。

しわはもちろんも
毛穴の開きや黒ずみを放置することは
実は老け顔まっしぐら!
しっかりケアして若々しいお肌をキープしましょう!

毛穴トラブルにもいくつかのタイプがあります。
まずは予防や、ケアをするためにも自分がどのタイプか把握することが大切です。

代表的なものとしては

①角栓毛穴
②シミ毛穴
③たるみ毛穴
④開き毛穴


同じように思える毛穴トラブルも、原因が違えば対処法も異なるもの。
シミがあるなら美白ケアをしなくては毛穴の存在感は消えないし、
皮脂詰まりなら、毛穴に詰まった角栓を取り除かないといけません。


予防やケアをするためにも、どのタイプに当てはまるのか、把握しましょう!




①黒ずみ毛穴  
皮脂腺から出る皮脂や、メイク、角質などが毛穴に詰まると、角栓が出来ます。
角栓は硬いため、自然に排出されにくく、排出口である毛穴は塞がれてしまい、
s-毛穴①.jpg毛穴の中はどんどん汚れが詰まっていきます。詰まった皮脂や角栓は毛包内で酸化すると、
s-黒ずみ毛穴.jpgのサムネイル画像 表皮の新陳代謝が乱れ、古い角質が溜まり、毛穴の黒ずみとなってしまいます。
黒ずみ毛穴はシミ毛穴にもなりやすいので注意。



②シミ毛穴
s-シミ毛穴.jpg
 角栓や紫外線によって毛穴にストレスが  かかると、メラニン刺激ホ
ルモンが誘発され、大量のメラニンが発生。毛穴周りに発生したメラニンは代謝機能が正常に働かないと毛穴を囲むように黒く沈着します。



③たるみ毛穴
コラーゲンやエラスチンが低下して、たるみが強く出る場所
(頬なや目じりなど)に多い。レーズンのような楕円形の毛穴で、悪化すると 毛穴同士が繋がり、小じわのような帯状毛穴になってしまうことも。



④ひらき毛穴 
 潤い不足で肌のキメが粗くなり、くぼみが目立っている状態。s-ひらき毛穴.jpg  乾燥から肌を守るため、角質層が厚くなった結果
毛穴が詰まって、油分が行き渡らない、という悪循環に。 
乾燥状態が続くと、たるみ毛穴になりやすいので注意 。





どうでしょうか?
一口に毛穴トラブルといっても、よく見てみると色々なタイプの
症状があります。
一つのタイプだけがあらわれるのではなく、複数の症状があらわれていることがほとんどです。

ご自身の毛穴のタイプを把握しておくことは
ホームケアをする上でもとても大切なことです!

定期的に鏡でチエックしましょう!



青葉台で気軽にフェイシャルなら
是非ちゅ楽にご来店ください♪


〒227-0055 横浜市青葉区つつじが丘23-14
アルファ青葉台ビル2F
 

 

お肌のお手入れのポイント

暦的にはもうめっきりと秋。
青葉台に照り付ける陽射しも少し和らぎ
秋らしくとまではいきませんが
残暑の装いになってきました。
そろそろ夏から秋へ。
季節の変わり目の準備をしましょう!



季節の変わり目は肌トラブルが出やすくなります。
どんな季節でもトラブル知らずの美肌をキープしたいものですよね。


ということで、
基本の「お手入れ方法」を見直しましょう。





 クレンジング→→→

汚れを落とそうと、指に力を入れ過ぎ、肌に摩擦を与えていませんか?

《ポイント》十分なクレンジング剤と優しい力で、滑るように汚れをなじませる!

★クレンジング時の力(圧):皮膚が動かない程の優しい力
コットンでの拭き取りが刺激になることがありますので、その場合はふき取りは
行わず、ぬるま湯(28℃前後)で洗い流します。



化粧水→→→

コットンは化粧水をたっぷり浸した状態で塗布していますか?

《ポイント》コットンを使用する場合は、化粧水をひたひたに浸してください!

★化粧水の塗布法:コットンを肌に置くような感覚で、化粧水をなじませます。
過度のパッティングや肌を拭くように塗布する方法は、コットンを毛羽立たせたり
肌に摩擦となる場合があります。

★手で塗布する場合:手のひら全体で肌を包み込むように塗布してください。

★肌の水分量アップ:シートマスクを使ったローションパック(約7~10分)がお奨め。
※シートの上からラップを被せると、より浸透効果が高まります。



クリーム→→→

化粧水の後、乳液だけで済ませていませんか?

《重要》少しベタつく量が丁度良い!油分を補うクリームをたっぷり塗布しましょう!

手のひら全体に伸ばし、抑えるように塗布してください。
乾燥しやすい目元、頬は重ね付けをしてください。



シャンプーは、油の多い頭皮を洗浄するため、顔用の洗浄剤と比較し洗浄効果が高く、
シャンプーが顔につくと、洗い流す際に顔の油分を取り去ることも。
すすぐ時は、シャンプーの洗浄剤が顔に付かないように気を付けましょう。



バイオラブ 化粧品.jpg


ちゅ楽では植物療法の化粧品ブランド『バイオラブ』
を取り扱っております。
独自のメソッドで配合されたハーブの力で
健康な肌に導くコスメです。


お肌のお悩みに合わせたフェイシャルコースも受け付けております。
詳細はこちらから↓↓↓↓↓↓↓

https://www.churaku.com/beauty/#anchor01



  

しわやたるみの原因に!?紫外線対策でアンチエイジング~

青葉台は今日もカンカン照りの猛暑です。
毎日強い陽射しが照り付けています。
夏らしいこの陽射しですが
美容的にはちょっと怖い存在です。

≪光老化≫という言葉を聞いたことはないでしょうか。
「光」「老化」すると言われるくらい、
紫外線の肌に与えるダメージは強力なのです。



【光でお肌の老化が進む!!】

1紫外線解説 .png

まず、紫外線を浴びると、メラニン色素が増えます。これは紫外線からDNAを守るための防御機能です。
メラニンで防げなかった紫外線は更に肌の奥深くの真皮にまで到達します。
この時紫外線を防御するのがコラーゲンです。

紫外線解説②.png


皮膚に紫外線を浴びると、
表皮内の角化細胞はサイトカイン(細胞間の情報伝達をするタンパク質)
など様々な物質を出します。
化学伝達物質によって真皮の細胞に情報が伝達されます。
真皮には、コラーゲン線維、ケラチン線維、基質などを合成する繊維芽細胞がありますが、
放出されたサイトカインによって線維芽細胞の代謝が変化します。

光老化.jpgまた、サイトカインが血管内皮細胞に作用することで、
リンパ球などが炎症細胞として血管から真皮内に染み出します。

真皮に出てきた炎症細胞は、
コラゲナーゼやエスラスターゼなどの真皮の線維タンパク質を分解する酵素を分泌します。
この酵素が分泌されるとコラーゲンやエラスチンなどの分解が進みます。
分解の進行によって生成とのバランスが崩れていきます。

その他にも線維タンパク質の分子に酵素でも分解できないものが出てきます。
その結果、変異した線維芽細胞になり、
この不良細胞からは
変異したコラーゲンやエラスチンが生成されることになります。

これらのことが繰り返し起こることで、
皮膚のハリがなくなり、シワ、タルミなどが増えていきます。 


通常は壊れたコラーゲンを修復するために
真皮に存在する繊維芽細胞が新しいコラーゲンを生成しますが、
乾燥している肌、年齢を重ねた肌は繊維芽細胞も減少させてしまい、
コラーゲンを生成する量が減ってしまいます。

紫外線だけでなく、細胞の酸化や糖化も、
繊維芽細胞を減少させ、更に働きを弱くしていきます。



紫外線による肌への影響はシミだけでなく、
肌のたるみ、しわに直結してしまうのです。




【紫外線への対処法】

対策としては、
なるべく直射日光は避け、
UVカットクリームを使用するなど、毎日のケアが大切です。
肌の代謝機能を高めるための栄養・睡眠も不可欠です。

それでも、うっかり日焼けしてしまった!!
という方には
ちゅ楽のフェイシャルコースで使用する
『コラーゲンパック』
がおススメです!!
別名コラゲニアとも呼ばれるシロバナルーピン種子エキス
コラーゲンの生成の活性、コラーゲン形成のサポートしてくれます。
さtらに数種の天然植物から抽出したポリフェノール
も配合されているので、
抗酸化作用も高く
肌サビを防いでくれます。


ご紹介したコラーゲンパックは
70分のフェイシャルコース(¥8800税込)
90分のフェイシャルコース(¥13200税込)
で使用します。



暦的には季節はもうすでに秋。
夏肌リセット、してみませんか??



梅雨から夏にかけて




7月にはいり、梅雨も後半戦ですね!
今年は梅雨明けが例年よりも早いそうです。

以前に熱中症について書きましたが
他にも気をつけたいポイントがありますのでご紹介します。



①隠れ脱水症に注意しましょう

気温が上がり始めたこの時期注意したいのが「隠れ脱水症」です。
軽度の脱水症状よりも前の段階で、症状を本人も自覚出来ていない状態です。
特に高齢者はその状態からもとに戻る力が弱く、
そのまま脱水症に陥りやすくなります。
痙攣や意識障害などの重篤な症状を引き起こすことにもなりかねません。
この時期に

・体が怠い
・食欲がない
・疲れやすい
・口の中が粘つく
・便秘気味である


こんな症状が現れたら隠れ脱水症の可能性があります。
水分補給をこまめに取り、規則正しい生活を送りましょう。




②カビやダニに注意

梅雨や台風の季節に多く繁殖するのがカビやダニ。
健康な状態ではなんてことはなんてことはありませんが
体力や免疫力が低下していると
カビやダニの感染症で病気が発症する恐れがあります。

特に多いのが、脂漏性皮膚炎・気管支喘息・アレルギー性鼻炎です。
予防としては、皮膚の清潔を保ち、皮膚に潤いを与えることが大事です。
また、除湿などをして室内の温度を50パーセント以下に保ちましょう。





これから夏も本番ですが
自宅勤務の方もまだまだ多いと思います。
室内での熱中症を防ぐためにも
暑いなと感じたら
無理をせず、エアコンなどで快適な温度で過ごしましょう。






とうとう梅雨入り!体調管理にお気を付け下さい!




梅雨の時期になるとなんだか体調がイマイチ・・・。
と感じることはありませんか?

風邪、頭痛、腹痛、目まい、倦怠感、体の冷え、肩こりや腰痛など、

心当たりがないでしょうか。
実は梅雨は体調不良になる方が増える時期。
梅雨入り前に、快適に過ごすためのポイントを
抑えておきましょう。





梅雨の時期になぜ具合いが悪くなるのか


まず第一に、この時期の気圧が低気圧であることが原因です。
低気圧の下だと私達のカラダは副交感神経が優位に働くようになります。
体が休息モードになるために「だるさ」や「憂鬱」を感じてしまうようになります。
また、低気圧が長く続くと炎症物質「ヒスタミン」の分泌が多くなり、
肩こりや片頭痛などが酷くなる場合があります。

そして、梅雨といえば湿気。
梅雨時は湿度が高くなり、その結果普段よりも体内の水分が出ていきにくくなります。
そうすると内臓や循環器などの代謝が低下して
食欲不振、だるさ、むくみ、下痢、頭痛、めまいや不安感、不眠
などの症状が現れやすくなってしまうのです。




梅雨に不調にならないためには


それではどんなポイントに気をつければよいのか、まとめてみました。

1食事に気をつける

 【ビタミンB群を摂取しましょう】

 
体力低下や体のダルさを感じやすいこの時期積極的に摂取したい栄養素。
 それは「ビタミンB群」です。
 「ビタミンB1」は糖質を分解してエネルギーに変える役割を果たすことから
 『疲労回復ビタミン』『ストレスビタミン』
 とも呼ばれるほど、疲労やストレスに対して絶大な効果を発揮します。
 玄米、発芽米、全粒粉パン、豚肉、紅鮭などに多く含まれます。

 「ビタミンB2」も糖質や脂質、タンパク質をエネルギーに帰る時に必要なビタミンです。
 また、成長促進にも欠かせないため「発育ビタミン」とも呼ばれます。
 皮膚や粘膜、爪、髪などの細胞再生や、
 細胞を傷つけ老化の進行の一因とされる過酸化脂質を分解、消去する働きもあります。
 レバー、鰻、卵、海苔、わかめ、干しシイタケや納豆、アーモンドなどに多く含まれます。
 

 【カラダを温める食材を】

 
食材には「カラダを温めるもの」「カラダを冷やすもの」があります。
 気候の変化で体の機能が低下しやすい梅雨には、「カラダを温める食材」
 を積極的に摂りいれましょう。
 
 カラダを温めるものは
 ニンジン、カボチャ、タマネギなどの根野菜、玄米、鮭、
 それから納豆やキムチなどが挙げられます。

 

 【カラダを冷やす食材に気をつけましょう】
 
 暖かい季節に育つ食材、夏に旬を迎える
 とまと、キュウリ、ナス、スイカなどの夏野菜は、身体を冷やす性質が
 あるので食べる際には注意しましょう。
 加熱や調理の仕方によってカラダを冷やす性質がなくなったりするので
 生野菜は控えめにして調理をして食べましょう。




 【タンパク質を摂りましょう】

 タンパク質の低下は免疫力の低下にもつながりますので、注意しましょう。
 暑さと多湿で体力を消耗し内臓も弱りがちなので、
 消化吸収に優れた魚を中心にタンパク質をしっかりと摂るようにしましょう。




2.良質な睡眠をとれるようにする
 
    快適な睡眠のためには、睡眠環境を整えることが非常に大切です。 
 快眠のために最適とされる環境は「気温26度以下」「湿度50~60%」
 梅雨独特の寝苦しさ「は、夏の暑さと湿度の高さが関係しています。
 



3・適度な運動を 

 体の中に余分な水分が溜まりやすい梅雨の時期は、適切な運動を行うことが大事です。
 水分や老廃物が排出されないと、むくみや食欲不振といった不調につながります。
 簡単な運動で良いので毎日の生活の中で少しづつ摂りいれましょう。
 運動を行う前には水分補給を行うと得られる効果が高まります。
 水分をとりいれることで基礎代謝が上がります。その結果水分の排出や
 体脂肪の燃焼が効率よく行なわれることに繋がります。

  


食事や睡眠、運動。普段の生活習慣の意識が梅雨時の体調を大きく左右します。
上手に過ごして梅雨を乗り切りましょう!!

1234567891011

« 生長ブログ | メインページ | アーカイブ | 新井ブログ »