HOME > スタッフブログ > 体について > 自宅でのケアやトレーニング・ストレッチが大切というお話

スタッフブログ

< きれいな海ランキング  |  一覧へ戻る  |  ラッキーゴーヤを食す >

自宅でのケアやトレーニング・ストレッチが大切というお話

毎日暑い日が続いていますが、みなさんバテてないでしょうか?
 
今回は、「悪い習慣」を変えることの大切さや変えた後のカラダが楽になるということを書きます。
 

1. 無意識の行動

 
「ちゅ楽」では、施術後に自宅でできるケアの仕方やトレーニング、ストレッチなど、
 
お客様の状態に応じてアドバイスすることがあります。
 
それは、施術だけに頼らずに自分のカラダを自分で変えていく必要があると思っているからです。
 
 
特に慢性的な肩こりや腰痛は、カラダが変わっていかないと症状も良くなりません。
 
今の自分のカラダというのは、過去の情報の蓄積によって出来上がっています。
 
 
その人が重要だと思うことを過去の情報から引っ張ってきて、意識・無意識の中で選んでいます。
 
「中学生の頃から、肩こりがひどくて・・・」という人の多くが、肩こりになるための行動をしています。
 
中学生の頃から、カラダが変わっていないということになりますね(笑)
 
 
「体重が落ちない」と思っている人は、体重が落ちなくなるような情報を無意識のうちにインプットしていて、
 
アウトプットとして「体重が落ちない」という行動をしているかもしれません。
 
 
・過去の情報がインプットされている
   ↓
・アウトプットする内容を間違えている
   ↓
・カラダが間違った方向に変わる。
 
あまり良くないサイクルになっています。
 
 
 

2. 悪い習慣を変える

 
自宅でのケアやトレーニング・ストレッチは、いわゆるアウトプットのような感じです。自分で行動するということです。
 
施術を受けたり、アドバイスを受けたりすることが、インプットにあたります。
 
正しいカラダの状態やカラダの使い方、筋肉が緩んでいい状態をインプットしてもアウトプットの内容が間違っていたり、
 
悪い習慣が変わっていないと、脳の記憶にいい状態が定着することがなく、今までの自分のクセに戻ります。
 
なので、自宅でのケアやトレーニング・ストレッチをやってもらうことで、アウトプットの量を増やしもらい、
 
過去のクセから新しいクセを身につけてもらいたいと思っています。
 
 
自宅でのケアやトレーニング・ストレッチをアドバイスしている理由は、辛い症状をなくしたいという気持ちからです。
 
ご自身の生活スタイルの中に、ケアやトレーニング・ストレッチをする時間を組み込むことが大事です。
 
「習慣を変える」必要があります。
 
これは、意識して組み込まないと今までの自分の悪い習慣に引っ張られてしまう為、なかなか習慣にならないのが通常です。
 
今まで、何もしてこなかった人が急に運動やストレッチをするというのは、至難の業です。
 
 
運動やストレッチをしない人は、運動やストレッチをすることが他のことより優先順位が上がることがないので、
 
意識に選ばれることがありません。
 
だから、他のことよりも優先順位が上がるほどの目的がないと継続しないです。
 
そういった面では、「夏までに痩せるぞ!」といった目的は継続しやすいと思います。
 
カラダが辛いはずなのに、それを良くしたいという目的は、なかなか継続しません・・・(泣)
 
それに、「運動しなければ」「ストレッチしなければ」的なイメージで運動やストレッチを行うと強制されている感じで、
 
いまいち成果が出なかったりします。
 
 
自ら動くほどの目的があったり、行動を起こすことが重要です。
 
すると、新しいクセを自分の脳とカラダにインプットしていくことで、今までの当たり前が変化していきます。
 
そして、辛かった症状がカラダの変化とともに、どこかへ行ってしまいます。
 
 
・今まで何もしなかった人が、ケアやトレーニング・ストレッチをする
         ↓
・少しの間、ストレスになる(肉体的にも精神的にも)
         ↓
・乗り越えると、ケアやトレーニング・ストレッチに抵抗がなくなる
         ↓
・ケアやトレーニング・ストレッチが当たり前になる
         ↓
・カラダが良い方向に変化する
 
 
このサイクルになると、カラダがどんどん変わっていきます。
 
 
今まで当たり前にしてきた悪い習慣を見直し、少しの変化を与えることでカラダが変わることはよくあります。
 
肩こり、腰痛、膝の痛み、カラダのいろいろな痛みもカラダが変わり改善してしまうと、
 
痛かった時の自分を忘れてしまいます。
 

3. まとめ

 
過去の情報から、無意識の行動がカラダに与える影響は、とても多くあります。肩こり、腰痛、膝痛、
 
カラダのいろいろな痛みは、悪いカラダの状態を覚えています。
 
新しい情報をカラダにインプットして、元気なカラダが自分の本当のカラダであることを脳に覚えてもらう必要があります。
 
「ちゅ楽」では、お客様の悩みを解消できるようにお客様に合ったアドバイスをしています。
 
お客様本人が、自分の気になることやストレッチの仕方、トレーニングの仕方などいろいろご質問ください。
 
過去の悪いクセを取り除き、新しい自分を手に入れてくださいね。
 
 
 
 
 
 
 

カテゴリ:

< きれいな海ランキング  |  一覧へ戻る  |  ラッキーゴーヤを食す >

同じカテゴリの記事

こむら返りとは?予防や対処法はどうすればいいの?

いつになったら、梅雨が終わるのでしょうか・・・来週あたりですかね~
 
梅雨が終わると、いよいよ夏です。そこで、夏になってくると多くなるのが、ふくらはぎがつる・痛み、
 
いわゆる「こむら返り」です。
 
 
ふくらはぎをつることを「こむら返り」といいます。
 


「痛い!痛い!足がつった~!」
こんな経験したことあるんじゃないですか?

ふくらはぎがつったことのある方は、とても多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、こむら返りについて書いていきます。ご興味あれば、読んでみてください。
 
 

1.こむら返りとは?

こむら返りの「こむら」は、平安時代の言葉で「ふくらはぎ」の事をさすそうです。

ふくらはぎの筋肉がひっくり返ったような感じから名付けられたと考えられています。
 
 
ふくらはぎは、「下腿三頭筋(かたいさんとうきん)」といって、
 
【腓腹筋】と【ヒラメ筋】の二つの筋肉をまとめて言う時の名前です。
 
 
 
そもそも脚がつるのは、どういう状態なのででしょうか?
 
「脚がつる」というのは、筋肉の緊張・弛緩の調整がうまく働かず、筋肉が急激な収縮・痙攣を起こしている状態です。
 
 
ふくらはぎの筋肉が痙攣を起こし、いわゆるつる状態をこむら返りといいます。
 
 


2.こむら返りを起こす原因は?

・水分不足

・アルコールの取りすぎ

・ふくらはぎの疲労

・足の冷え

・ミネラルバランスの低下 
 
水分不足は、カラダの中の脱水状態を意味しています。汗を大量にかく夏場は、体内の水分が不足しがちですので、

これからの季節は、特に注意が必要です!
 
アルコールの取りすぎは、水分を体内から出してしまう利尿作用が働きます。お酒を飲んでいると、

トイレが近くなる経験はあるんじゃないでしょうか。
 
筋肉の疲労は、過度の運動や長時間の立ち仕事が続くことでもつりやすくなります。
 
夏場だけではなく、冬場に冷えが原因で筋肉が縮こまってつることも多いです。
 
そして、ミネラルバランスの低下は、カルシウムやマグネシウム、カリウムなどの体内ミネラルが、

神経や筋肉と関連があって「筋紡錘」「腱紡錘」というセンサー感知器が、ミネラルバランスが崩れる事で、

センサー感知器が誤作動を起こすので、神経や筋肉の異常が痙攣を起こしやすくしています。
 
 
 

3.こむら返りの予防はどうしたらいいのでしょう?

単純に、原因になることを予防することが大切です。

・水分摂取を心がける

・ふくらはぎの疲労をためない

・ふくらはぎを冷やさない

・ふくらはぎのマッサージやストレッチで柔軟性を保つ

・アルコールを控える

・ミネラルバランスを考えた食事をする
 
 
夏の暑い時期は、とくに水分不足になりがちです。こまめに水分補給をこころがけましょう。
 
 
このような対策をしておくと、こむら返りの予防になります。
 
なってからどうするのではなく、なる前から心がけておくことが大切です。
 
 
 

4.こむら返りが起きてしまった時の対処法

〇寝てるときになった時は、

 膝を伸ばした状態で足の指先をカラダの方に近づけてストレッチします。
 
〇カラダが起きている時、運動時になった時は、

 膝を伸ばしたまま、足の指先に体重を乗せてストレッチします。(アキレス腱を伸ばすように)
 
攣ってしまう=異常な筋肉の収縮 
 
この異常に縮んだ筋肉を【伸ばす】ことで対処することができます。
 
 

5.まとめ

 
これから、暑い夏の時期がやってきます。

暑いと水分不足になりがちです。冷房などの冷えももちろん影響します。

水分を摂るように心掛けて、早め早めの予防でこむら返りを未然に防ぐことができますよ。

是非、お試しください。
 

ダイエットに大事なこと


だんだんと暑くなってきてますね~
まだ5月ですが、海に行きたい感じです。
 
この時期になると、よく聞かれる質問が、
「どうやったら痩せますか?」「夏までになんとか痩せたい」・・・etc
 
ということで、ダイエットには何が大事なのかということです。
 
ズバリ!! 食事です!
 
 
テレビや雑誌などで、「○○食材がダイエットにいい」「○○を食べると血糖値が下がる」等とにかく、
様々な種類のダイエット法やダイエット食材の宣伝が多いと感じます。
 
 
女性は、ダイエットや美容に興味があり、並々ならぬ努力をしている方が多いと思います。
ちなみに、あなたが憧れている、こうなりたい!と思っている人達のほとんど9割は食生活に気を付け
ていると思います。
 
顔色が良い、出るとこ出て、お腹もくびれて、ハツラツとして笑顔がス・テ・キ!!
 
そんな人達が憧れです。
 
本当の魅力というのは、服や化粧などの外見を着飾るよりも内面から作られるもので、からだや肌の美しさ
が魅力的な気がします。その内面を作るのが食生活だと思います。
 
服を着るのも、スタイルが良ければ服の見え方も変わりますし、化粧だって肌の調子が良いと化粧のノリが
格段に良いはずです。
 
 
誰でもスタート地点があります。数年前の僕は、食事にまったく気を遣わずに食べたいものを食べ、運動
だけしていれば、健康になっていると自信を持っていました。
 
しかし、そんな自信もむなしく砕ける出来事があったんです。
 
なんと!人間ドックの数値が悪かったのです・・・
 
お医者さんが言うには、過度の運動やストレスがカラダへの負担を大きくしているとのことでした。
 
確かに、忙しいとお水も飲まず、食事もせずに仕事が終わると、運動して帰宅。さすがにお腹が空くので、
夜中に食べまくって、寝るという生活。
 
今、考えるとアホな生活してました・・・
 
お客様には、健康のことやカラダのことをいろいろアドバイスしている自分が、できていなかったんです。
 
申し訳ない・・・
 
そんな気持ちから、カラダを改造しています。まだ途中ですが、かなり変わりました。
 
わかりやすい数値で言うと、体重は12㎏以上は痩せました。
 
病的に痩せたのではなく、健康的に痩せました。内臓の数値も以前に比べるとかなりの改善です。
 
 
誰でも、何処かでスタート地点があります。
 
劇的にカラダを変えよう!って思わなくてもいいんです!
 
少しづつ、できることから始めていいんです!
 
ちょっとのことでいいんです。
 
ひとつ、二つでも日常生活の生活習慣に変化が生まれると、月日が経つごとに人生の進む角度がどんどん変化していきます。
 
 
というわけで、食事について僕が思うところを書いていきます。
僕の勝手な持論も入っているので、ご興味あれば読み続けてください。
 
 

ダイエットについて

 
たくさんの方が、運動することで痩せて素敵な体型を手に入れる一番の方法だと思っているのではないでしょうか。
もちろん、運動することで理想の体型には近づくのですが、体重の増減にはあまり大きな影響はなく、
体重の増減は食生活です。口に入るものがカラダを作る材料となります。
 
運動では痩せないとは言っていません。筋肉量が増え代謝が上がれば太りにくいカラダにはなりますし、
有酸素運動で脂肪の燃焼も期待できます。
しかし、食事を変えなければ筋肉も付きづらく、燃焼もしにくいカラダなんです。
 
 

なぜ太るのか?

いろいろな情報が多い分野なので、僕なりの持論も入って書いています。
 
・インスリンの抵抗性・・・よく糖尿病の話に出てくるインスリンですが、お菓子などの炭水化物&砂糖を
摂取しつづけると、インスリンの本来の働きである食べ物の栄養素をカラダの細胞に届ける機能が低下し、
細胞が取り込めなかった栄養が脂肪となり、蓄積されて、体重が増加します。
インスリンの働きを活発化させる食材が大事です。
 
・食物繊維不足・・・野菜の摂取不足によって、本来カラダに溜まった老廃物を絡みとって体外に排出します。
食物繊維が足りないと老廃物が溜まっていくいっぽうなので太ります。
 
 
・発酵食品不足・・・腸は第二の脳(腸内環境が変わると性格まで変わるらしい)と言われるくらい複雑で
大事な器官ですが、その栄養となる発酵食品(ヨーグルト、キムチ、納豆・・・etc)を積極的に取ることによって、
腸内環境が整い便秘解消などのデトックスに繋がります。
 
・運動不足・・・上の3つが整ってくると、カラダの免疫機能が上がって体調が良くなってきます。
そこで、運動の開始です。運動をすることで、代謝が上がり体内の脂肪を常に燃焼するカラダを作ることができます。
そうなれば、ちょっとやそっとじゃ太りません。
 
 
という感じで、僕が思う太る理由です。
 
ネットやテレビ、いろいろな情報がありますし、自分のカラダにあったやり方や合わないやり方、
いろいろとあると思いますが、まずはスタート地点に立って始めてはどうですか?
 
 
 

今日から股関節の動きを意識してみよう

ゴールデンウィークものこりわずかになりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は毎年恒例になっている道志川でのBBQを楽しんできました♪



今までで一番の混みようでびっくりでした。
いつも比較的人も少なくひっそりとしているんですがね。

このまさわキャンプ場

とてもおすすめです!







さてさて、本題です。
最近、股関節に違和感があるという方が多いので【股関節】のお話をしたいと思います。






どうして股関節はかたくなるの?



骨盤と大腿骨を繋いでいるのが股関節。

股関節は球状になっていて大きく動く構造になっています。
歩く、立つ、座るといった日常での動作は股関節ととても深い関係があるんです。
本来、動く股関節の可動域が狭くなってしまうと、体に様々な症状が出て来ることもあります。


そして、股関節の周りには、腸腰筋、大臀筋などの大きな筋肉も付着しています。
股関節を動かさないことで筋肉が固まって股関節の動きもさらに硬くなってしまいます。



股関節が固くなるとこんな症状が体に現れます

股関節が固くなると骨盤が後ろに倒れて前かがみの姿勢になるため、首、腰、膝への負担がかかりコリや痛みも出やすくなります。
また、筋肉のコリやこわばりで血流が滞って冷えやむくみの原因にもつながります。

私がとても実感していることですが・・・
歳を重ねるごとに骨盤回り、股関節周りの筋力が低下することで脂肪もつきやすくなり、体型にも影響が出てきます
(そうならない為にも、週1回はトレーニングをしようと決意して7か月・・・)

□ 足首が固くなる
□ 脚がむくむ
□ 膝が痛くなる
□ O脚・X脚になる
□ お尻が大きくなる
□ お腹が出る
□ 腰痛
□ 疲れやすくなる
□ 肩・首が凝る
□ 姿勢が悪くなる
□ 顔のむくみがでる

 


逆を言えば・・・
股関節の柔軟性をつけると上記の症状は改善されることになります。
股関節が柔らかくなると全身の動きがスムーズになり不調が改善していきます。
骨盤をしっかり立たせて姿勢を正すとお腹やお尻が引き締りスタイルアップも期待できます♪


1日3分股関節ストレッチ


鼠径部のストレッチをしてみましょう!



片足を前に出して膝立ちのかたちをとります。
右の鼠径部の伸びを感じながら、骨盤を前に押し出します。




横から見るとこんな感じです。
ももの前ではなく、鼠径部の伸びを意識してくださいね。
ゆっくり呼吸も忘れずに!

片足1分半ずつ行い。1日3分のストレッチをしてみてください♪



今日から股関節の動きを意識をしよう


普段から意識して活動することで、股関節の可動域も広がります。
歩くときも立つときも、背中が丸まって骨盤が後ろに倒れたまま動いている人がとても多いんです!
長年生きてきた中で蓄積された悪いクセは、なかなか抜けないもの。
まずは背中を伸ばして、骨盤を立て、姿勢よく行動するように意識をしてみましょう

 

 

この記事を書いた人


 物作りと旅行が大好き!
お客様に笑顔と元気を与える存在
新井 恵美子
Emico Arai 
 

春の頭痛・イライラ・めまい・体調不良




春の暖かい陽気が続いて
桜も満開を迎えましたね。


今日はお花見をされる方も
多いのではないでしょうか♪





1年に1度の桜の季節を十分に満喫してください♡



そんな待ち遠しいポカポカ陽気の春の季節は
体調を崩しやすい方も増えるんです

新しい出会いやウキウキワクワクする
出来事も多い時期なのに
体調を崩しては気持ちも落ち込んでしまいます


そうならないための予防を
生活の中に是非取り入れてみてください!



1.冬の間に溜め込んだものをデトックスする



冬の間は、体は体温やエネルギーを
逃がさないように活動を抑えて
栄養を溜め込んでいるそうです



そのため
脂肪や老廃物も
溜まりやすくなります。



春は活動的になって
冬の間に溜め込んだものを
デトックスする季節でもあります


カラダをデトックス・毒だし・解毒
と、言えば
「肝臓」
の働きが重要になってきます。


カラダをデトックスすることは
「肝臓の機能を上げて代謝をよくすること」


肝臓はカラダを健康に保つために
とても重要な臓器です。

消化に大事な胆汁を生成したり、
栄養分を体内に流通させたり、
アンモニアを尿素に作りかえて
尿として排出しやすくしたり、
有害物質を分解したりします。



冬の間に溜め込んだものを
デトックスするために
肝臓が働く季節でもあるのです


なので、春は肝臓が大忙し!


肝臓が疲れてしまう春は
気の巡りも悪くなりがちです。


気の巡りが悪くなると
体の上部に
トラブルが現れやすいと言われています。





頭痛・めまい・ふらつき・イライラなど


このようなトラブルや体調不良が現れたら
『肝臓』を整える食べ物をとってくださいね


2.肝臓を整える食べ物



☆★☆【肝臓を強化するための食事】☆★☆
①高タンパクで適正カロリー
②油脂や糖分が適量
③高ビタミン

3つの条件を満たした食事は肝臓の働きを整え、機能を高めてくれます


ビタミンA・・・うなぎ・レバー・卵黄・バター・マーガリン
ビタミンB1・・・豚肉・レバー・玄米・胚芽米・ごま・ピーナッツ
ビタミン12・・・魚介類・カキ・レバー・チーズ・卵
ビタミンC・・・ブロッコリー・ぱせり・いちご・レモン・キウイ
ビタミンE・・・うなぎ・まぐろ・さんま・あじ・さば(青魚)・大豆・ごま
カロチン・・・ピーマン・人参・小松菜・ほうれん草











☆★☆【肝臓機能を強化する野菜】☆★☆
もやし・キャベツ・しそ・ごま







一番わかりやすいのは、「旬」の食べ物を頂く。
「旬」の食べ物は栄養たっぷりで、生命力も満ち溢れています。


春は肝臓を是非整えてみてください!



ちゅ楽の【4月のキャンペーン】


整体+ほぐしのコースです!
体の不調を整えたい。体の疲れを取りたい方におススメのコースです

食事とカラダのケアで春の体調不良を乗り越えましょう♪


 


 

この記事を書いた人


 物作りと旅行が大好き!
お客様に笑顔と元気を与える存在
新井 恵美子
Emico Arai 

 


よく寝違いをおこす方は、骨格の歪みや筋肉のバランスが原因かも?!

今日もまた寒くなりましたね。
昨日が少し暖かったので、よけいに寒く感じます。

そんな寒い季節に、肩や首に力が入ってしまい朝起きると
「寝違い」になったりしたことありませんか?
 
 
そもそも「寝違える」とはどういう事でしょうか?

 
一般的に「寝違え」「寝違い」と言われますが、
正式には首・頸椎の痛みの事を言い、
【急性疼痛性頸部拘縮】と呼ばれています。

 
・朝起きると首が痛くて動かせない
・寝転がってテレビを見ていたら首が痛い
・痛みだけではなく、しびれがある

 
寝違いは長時間、首を回した状態で固定されたときによく起こります。
筋肉が同じ位置で無理に伸ばされる状態が続くことで、不自然に
伸ばされた筋肉が元の長さに戻ろうとして収縮した筋肉が引っ張られて
しまうことで、筋肉の付着部分で炎症が起こります。

 
朝、目が覚めた時にピキッという痛みの正体はこれなんです!

 
眠っているあいだに不自然なカラダの動きも原因のひとつです。
通常であれば、無意識のうちに寝返りをうったり、カラダを動かしたりして、
無理な態勢を避けようとしますが、ソファで寝てしまったとか
枕が合わなかったとかそれができない環境があったりして、首に負担が
かかり痛くなることが多いです。


 
 
その他にも、身体的ストレス、精神的なストレス、スマートフォンを
長時間していたり、パソコンを長時間すること、首周りの冷え等、
いろいろな原因があります。

 
 
あと、首の骨は脊柱の中のひとつの部分でもある為、首から背骨、腰骨、
骨盤とのバランスの悪さが、首の負担になったりします。
そうなると、筋肉は骨から骨に付くので骨が歪んでしまうと、筋肉と
筋肉のバランスも崩れて、痛めやすい首ができてしまいます。
 

 
こんな症状の方は、注意してください!

 
・朝起きて首が痛むことがよくある
・首を動かすと痛みがある
・首もつらいが背中にかけて痛みがある
・ある方向を向くと痛みがある
・首や肩を傾けていないと辛い
・手や腕がしびれる
・首が重だるくて、倦怠感が続いている


 
症状が強い人から弱い人までいろいろだと思いますが、何が良くないって、
放置することが1番良くないんです。
 
「ちょっと気になるけど、大丈夫か」「2~3日経ったら治るか…」
 
そんなことありません!!
 
バランスが崩れた筋肉、歪んだ骨は痛みへと繋がっていきます。
 
ただの寝違いだと思わずにしてください。それが他の部位の痛みへと
発展するかもしれません。
 
 
それと、寝違いになった時に患部を強く揉みほぐすようなことは絶対に
やってはいけません!
肩や首が凝っているからマッサージしたほうがいいと思い、自分で肩や
首をマッサージして、痛みがひどくなったお客様がいました・・・

 
寝違えは、首の「捻挫」のようなものです。


 
例えば、足首を捻挫した時に足首を強くマッサージしたりしますか?

 
 
そんな事をすれば、捻挫で炎症がおこっているのを助長してしまい、
さらに痛みはひどくなり治りにくくなってしまいますね。

 
 
ですから、首の捻挫みたいな「寝違え」も、患部を強くマッサージしたり、
強く揉んだらいけないのです。
 
 
 
ちゅ楽のスポーツ整体は、寝違いであってもカラダ全体を調整していきます。
首と背骨、骨盤はとても密接に関係していますので、骨盤の歪みや首の
バランスの悪さが寝違いの原因だったりするので、カラダの歪みを整え
血液やリンパの循環を良くしてあげることが大切です。

 
寝違いでお困りの方がいましたら、一度ご相談ください。