月別 アーカイブ

HOME > スタッフブログ > 体について > 40代女性の「疲れやすい...」を解決!!

スタッフブログ

< 今年も素敵なお花が届きました!  |  一覧へ戻る

40代女性の「疲れやすい...」を解決!!

前回のブログをまだ読んでいない方は、そちらから読むとわかりやすいです。
 
 
 
40代に起こりやすい疲労は、
 
◎肉体疲労
◎精神的疲労
◎脳疲労
◎その他(更年期障害など)
 
大きく分けて、この疲労が40代を苦しめています。
 
では、
どうしたら…

疲労を取り除くことができるのでしょうか?
 
 
 
今回の記事は、日常生活で簡単にできる、
40代女性の疲れを軽減する方法を紹介します。

 
いろいろと忙しい40代ですが、
生活の中で意識して疲労をためないようにしましょう。
 

1.睡眠・休息を十分にとる



 
睡眠を中心とした休息をとるということが
一番の疲労回復方法です。

 
「なかなか寝付けない」
「途中で起きてしまう」
という質の低い睡眠にならないように、
就寝前の行動に気を付けましょう。
 
忙しい日々が続くと、
長時間の睡眠をとることが
難しいかもしれませんが、
睡眠時間を確保して
睡眠の質を高めることは大切です。

 
例えば、

寝室の睡眠環境を整えて、
寝心地の良い空間を作ります。

 
寝室の温度は、
夏場は25℃~26℃、
冬場は22℃~23℃が
快適に過ごせるとされています。

 
他にも、

室内にある蛍光灯などの
明かりを消して暗くしたり、
間接照明などの薄暗い状態が
睡眠ホルモン
の分泌が促され、
質の高い睡眠に繋がります。

 
あとは、

寝具です。

枕やマットレスは、
高さや硬さなどが
体に合わないとストレスになり、
睡眠の質が低下します。

自分が寝心地が良いと
感じるものを使用して
熟睡できるようにしましょう。
 
 

2.食事から、栄養をしっかりとる



食事は健康の基本です。
 
人間の体内時計は
自然とずれていくものなので、
朝食をきちんと食べて
体内時計をリセット
させましょう。

朝食を食べたり食べなかったりすると、
体内時計がうまく働かずに
交感神経が乱れてしまい、
疲れが抜けにくくなってしまいます。
 
次に、

就寝直前の食事は避けましょう。
寝ている時に消化活動が優先されるため、
寝て起きても疲れが
残っていると感じてしまいます。

寝る3時間前には
夕食を終えておきたいです。
就寝前に、睡眠を妨げる
カフェインやアルコールを
摂取するのも睡眠の妨げになります。
 
疲労回復におすすめの栄養素は
ビタミンCやアミノ酸、

精神面や脳の疲労におすすめなのが
ビタミンB群です。
 
他にも、

豆腐や納豆など、
大豆食品を食べることを
おすすめします。

 
大豆に含まれるイソフラボンは
女性ホルモンに似ているため、
食事からしっかり摂るようにし
ましょう。
 
 

3.運動して筋力アップ



40代は、
若い頃と比べて筋肉量が減っているため
疲れやすいです。
運動で筋力アップして
疲れにくい体を取り戻しましょう!
 
ジムに行く事も大事かもしれませんが、
なかなかその時間を作るのは
難しいと思いますので、
自宅でYouTubeを見ながら運動したり、
風呂上がりにストレッチしたり、
できる事から始めましょう。

 
 
運動が苦手な方は、
日常生活のなかで体を動かすことを
意識するだけでも良いです。
駅の階段を使う、
買い物に歩いて行く、
スピードアップして歩くなど、

 
いつもより少し多めに歩くだけでも
血流アップに繋がります。
 
ハードな運動をすると
疲れが出てしまうので、
軽度でいいので
少しづつ継続することが大切です。
 

■食事は3食規則正しく食べる
運動して筋力アップを目指す
ストレスを溜めずに発散する
完璧主義をやめて意識を変える

それぞれ詳しく紹介するので、
できるところから取り組んでみてください。
 
 

4.ストレス解消できることをする



精神的な疲れに有効なのが
ストレスを解消することです。

 
職場や家庭などで社会的責任が大きい40代は、
ストレスを完全に避けることは
難しいかもしれませんが、
できるだけ溜めないように努めましょう。
 
趣味や好きなことなど別の方法で
ストレスを発散する方法を
見つけることがポイント。
ストレス発散が、
疲れの解消に繋がります。
 
音楽鑑賞や読書、
スポーツなど、
現実が忘れられるもの

 
カラオケや外食など、
仲間と一緒に楽しく過ごせるもの

 
忙しくてストレス発散する時間さえも取れない場合は、
家事をしながら音楽を楽しんだり、
入浴時にお気に入りの香りの入浴剤でリラックスしたりと、
何かをしながら少しでも楽しむことを意識してみましょう。
 
 
 

5.完璧主義をやめて意識を変える


 
繊細・完璧主義・真面目など、
1人で疲れを溜め込みやすい性格の方は、
物事の考え方を変えると
楽になることがあります。
 
ストレスを溜めないためには、
自分にも他人にも完璧を求めないようにしましょう。
完璧主義の方は自分で100%完璧にやろうとせず、
肩の力を抜いて良い意味で
「いい加減」にす
ることも大切です。
 
また、

責任感からなかなか休めないかもしれませんが、
不調が出たら無理せず休むようにしてください。

 
もし悩み事や問題があれば、
1人で悩まずに家族や友人などに
話すよう心がけると楽になります。

 
更年期障害の場合、
女性ホルモンが減ることによって
さまざまな症状が出るのは、
自分ではコントロールできません。

つらい状態で無理するのではなく、
人に頼ることも考えていき
ましょう。
 
1人で疲れを溜め込むのではなく、
他人に頼ることが大事です。

 
「ちゅ楽」のお客様の中にも、
「行きたくても我慢していた…」
「私だけ、マッサージを受けて…」
「マッサージは、贅沢だから…」・・・etc
 
このように、

自分の体に我慢ばかりさせていると、
どんどん疲労が溜まってしまい、
睡眠障害や精神障害になる可能性も出てきます。

 
しんどい時は、
一人で悩まずにご相談くださいね。
 
 
 
 
少し話がズレてしまいましたが・・・
 
 
40代女性は、
とにかく忙しい日々を送っています。

 
年齢的に筋力低下やストレス、
睡眠不足などによって、
疲れが溜まりやすい傾向にあります。

 
ライフステージの変化に伴い、
精神的な負担も増えやすい時期です。

 
場合によっては、
単なる疲れではなく
更年期障害や病気の可能性もあるかもしれません。

 
40代女性に多い「疲れやすい…」
を解消するには、
日常生活における食事や
就寝環境などを整えることも大切です。

 
運動やストレス発散方法などを
生活に取り入れて、
疲れにくい体を目指していきましょう。
 
 
疲れたな~と感じている方は、一人で悩まずに「ちゅ楽」にご相談ください。
 
 
 

カテゴリ:

< 今年も素敵なお花が届きました!  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

40代女性に多い疲れが取れない理由とは?

40代になってから・・・

「疲れが溜まりやすくなったな~」

「寝ても疲れが取れないな~」

 
「疲れて何もしたくない!」…etc

 
若い時と比べて、疲れが取れないと実感している方は多いかもしれません。
 
 
忙しい毎日を送っていると、
疲れによって体にだるさを感じたり、
集中できなくなったりして、
日々を楽しく過ごすことが
難しいのではないでしょうか。
 
 

40代に起こりやすい疲労の種類

1. 肉体疲労

疲れを感じやすいのが、肉体的な疲れです。
カラダを使うことで疲労を感じる為、
仕事やプライベート
などの様々なことが原因で疲れを感じます。

 
◎仕事の疲れ
(立ち仕事はもちろんですが、デスクワークでパソコン仕事は血行が悪くなり疲れが溜まります。)
 
◎育児疲れ
(子供が小さいと育児に追われます。赤ちゃんなら夜泣きで睡眠不足、幼児なら保育園の送り迎え、
とにかく育児の疲れは負担が大きいです。)
 
◎運動疲れ
(健康のために運動をしているはずが、運動の影響でカラダに疲れを溜めている場合もあります。)
 
◎ホルモンバランスの乱れによる疲れ
(女性ホルモンの変化により、怠さや疲労を感じている方が多いです。)
 

 

2. 精神的疲労

肉体疲労と比べると、自分自身では気づきにくい疲れが「精神的疲労」です。
 
同じ仕事の疲れをとっても、
「残業が多い」
「リモートで誰とも会話できない」
「嫌な職場の人間関係」

「苦手な上司がいる」

あげればキリがないくらい出てきます。
 
 
 

3. 脳疲労

今、この現代でパソコンやスマホの普及はすごいと思います。
何気なくインターネットで検索したり、

YouTubeで動画を見たり、
常にいろんな情報を脳が情報処理に働いているのです。

 
他にも、
SNSなどは個人間でコミュニケーションも発生しやすく、
「既読スルー」や「フォロワー数」
「いいね!数」などを
気にして疲れている場合もあります。
 
 
 
 

4. その他

40代女性の疲れが取れないのは、更年期障害の可能性もあります。
「更年期」とは、閉経になる前後10年間の時期を言います。
 
何歳から更年期になるかは人それぞれですが、
日本人の平均閉経年齢は約50歳のため、

45歳〜55歳に更年期になる方が多いです。
早い方は40代前半から始まる場合もあります。
 

また、「更年期障害」とは、
更年期にあらわれる症状のうち、
症状が重くて日常生活に支障が
出ているものを指します。
 
女性ホルモンの「エストロゲン」が減少して、
自律神経のバランスが崩れることで
だるさなどの
体調不良が起きて、
更年期障害になると考えられているようです。

 
更年期障害の説明は、また今度にでも詳しく書きますね。
 
 
 
 
疲れは限界になる前に体が発する
「休みなさい」という警告で、
生きていくために重要な機能の
一つです。

 
会社や家庭で忙しく過ごすことが多い40代は、
肉体的・精神的に疲れを感じやすい年代です。

 
疲れを溜め込まず活動的に過ごすには、
質の良い睡眠や心身をリラックスできる入浴習慣、

自分自身が楽しめる事、
栄養バランスの整った食事・・・etc

色々な事が大切になってきます。
 
 
体をいたわる生活習慣を心がけ、
疲れにくい元気な体を作りましょう。
 
 
次回は、40代女性の疲れを軽減する方法を書きますね。
 

足のむくみには、やっぱりアロマトリートメント!!

最近、お天気がいまいち・・・
 
晴れている日が少ない感じがしていて、もはや梅雨のような気候ですが、
気象庁によると、まだ梅雨ではないみたいです・・・
 
太陽が恋しいよ~
 
という訳で、この時期に多い足のむくみについてです。
 
 
雨が降る日が多いこの季節、ジメジメした気候で何となく気分も体も重だるい感じになりませんか?
 
梅雨は、日本やアジアの一部で特有の雨期の一種で、気圧が低く湿度が高い状態が続き、
雨の日が多いために日照時間も少なくなり、日によっては寒暖差も大きくなる、
1年で最も気象ストレスをカラダが受けやすい時期でもあります。
 
もともと周りを海に囲まれ湿気が入りやすい日本では、この時期さらに湿度が高い環境になると、
人の体は水分が蒸発しにくくなり、汗や尿での充分な排出ができずに余分な水分や老廃物が
溜まりやすくなって、「むくみ」という症状が起こりやすくなります。
 
むくみは、体内の水分調整がうまくいかないことにより、この時期に多い症状です。
 
 
この時期のむくみは、高い湿度や強い湿気による要因の他に、日頃の生活習慣によるものが
主な原因だと思います。
 
例えば、コンビニ弁当やカップ麺ばかりで塩分摂取が過多になり、体が血中濃度を薄めようと
水分を溜め込んだり、お酒の飲み過ぎで血液中のアルコール濃度が上がり血管が拡張して水分が
あふれ出たり、デスクワーク等でずっと同じ姿勢が続き血流とともに水の巡りが悪くなったりする
ことで、むくみが出てきます。
 
私たちのカラダには、たくさんの水分が含まれていて、成人男性で体重の60%、
新生児で約80%が「体液」とよばれる水分でできています。 
つまり、体重70kgの成人男性ならば、約42リットルもの水分を体内に蓄えていることになります。 
まさに人間は水でできているといってもいいくらい、水分を体内に入れています。

その水分が、循環しない事が問題です!
 
「体液」は、酸素や栄養分をカラダ中に運び、老廃物を体外へ排出したり、皮膚への血液の循環を
増やし、汗を出して体温を一定に保っています。
 
その水分(体液)が循環せずに、溜まって「むくみ」になっているという事です。
 
「むくみ」の予防や対策としては、普段から塩分やアルコールの取り過ぎを意識的に控えるのはもちろん
のこと、マッサージやストレッチなどの適度な運動や、入浴を習慣づけて血流を促進し、
クーラーなどで体を冷やし過ぎないように心掛けていくことが大切です。
 
『ちゅ楽』では、むくみのケアとして、


アロマトリートメントをおススメしています。
 
アロマトリートメントで使用する精油は、植物の花・果皮・果実・根・葉など、さまざまな部位から
抽出された、天然の物質です。
 
数十~数百種類の化学成分から成り立っていて、その成分があるからこそ、
「利尿作用」や「老廃物を体外に出す作用」などのカラダへ働きかける作用があります。
 
 
むくみは、水分や血液・リンパ液など組織液の循環が悪くなり、細胞の隙間などに滞ってしまうことが
原因です。下半身の血液は、重力に逆らった状態で、遠い心臓まで運ばれますので、
特に循環が悪くなりがちです。
 
そこで活用したいのが、アロマの精油なんです!
 
もし、「足のむくみ」でお困りの方は、是非一度『ちゅ楽』のアロマトリートメント受けてみてください。
アロマトリートメントの施術は、女性のスタッフが担当しますので、お気軽にご相談ください。


ちゅ楽のご予約はこちら
 
 
 

『リモート疲れ』になっていませんか?

コロナ感染。

なかなか減らないですね~
そして、まだまだ出社できずに、
リモートが続いている方が
多いことに驚きます。


リモートワークが普及するにつれて
耳にすることが多くなった

「リモート疲れ」


ちゅ楽にいらっしゃるお客様にも
リモートワークの疲れを、
リフレッシュしにいらっしゃる方も多いです。


「仕事環境は整えたものの、なぜか疲れが取れない・・・」

「仕事のモチベーションが上がらない・・・」


リモートワークに切り替わってから
どっと疲れを感じ、
心の中で悲鳴をあげている方も
多いのではないでしょうか?



リモートワークが増えると、
運動不足になりやすいのは
誰もが感じているはず、


自宅でパソコンを使い仕事をする、
通勤で歩いていた運動量が
なくなる訳です。


通勤だけでも家から駅、
駅から会社まで、
毎日歩いていた方にとっては、
その運動量は
非常に貴重な時間だったでしょう。

 

『仕事に関わる変化』

      や

『生活の変化』

『運動不足』

【身体的・精神的な疲れ】

コロナ前よりも大きなストレスに
なっているように感じます。



そんな「リモート疲れ」を
ため込まず、
頑張りすぎず、

ちゅ楽でしっかりとリセットして元気なカラダを維持していきましょう♪



ちゅ楽が初めての方は
お得な割引コースがございますshine




大寒の日にゆるゆるしたい

今日は大寒。一年で最も寒い時期ですね。
大寒というのは二十四節気のひとつです。
ですが、
二十四節気という言葉を普段使うことは、私自身ほとんどありません。
一年を24等分して、それぞれに春分や秋分、夏至や冬至、立春や立夏といった名前が
ついていることを知っているという程度です。
それでも、今の時期が一番寒いことは体験を通して知っているもんだなぁ、と
面白く感じました。

小寒(1/6頃)から大寒の終わりの日(立春の前日)を「寒の内」というそうで、
この時期の水は雑菌が少なく腐らないのだそうで、昔からお味噌や醤油、お酒造りに利用されてきたそうです。
上水道の設備などがない時代、きれいな水、美味しい水の利用は生活の知恵だったのでしょうね。
「寒の水」のことは知らなかった私もこの時期に毎年お味噌作りをしています。
そして、大寒の日から最初の丑の日の期間の水は「大寒の水」と呼ばれるそうです。
今日が大寒、23日が丑の日です。
この期間、味わってお水を飲もうと思います。


この寒い季節、悩みの種となるのが「冷え」ですね。
東洋医学では、体が冷えると、コレステロールや中性脂肪、糖などの余剰物、尿酸、乳酸などの物質が体内に燃え残り、
血液を汚すことが種々の病気の発生の原因となるという考え方があるそうです
体の中に要らないものを溜め込みたくはないですね。
重ね着したり、カイロを利用したり、入浴したり、温かいものを食べたり、
冷えにお悩みの方は、「冷えないように温める」対策は結構していらっしゃいます。
そこにもう一つ加えてほしいのが、「筋肉を緩める」です。
筋肉が硬くなると、細胞のまわりにある血管からしみ出した体液には流れる術がありません。
この血管からしみ出した体液(=間質液)は筋肉の伸び縮みのよって押し出されて移動していきます。
この間質液が細胞へと栄養を運んでくれているので、
筋肉が硬い→間質液が流れない→細胞に栄養が届かない→熱の生産がうまくいかない→冷える、となります。
せっかく栄養のあるものを食べても、細胞へと運ばれない、なんて残念なことになってしまうのですね。


そんな時、おススメなのが、「インディバ」と「アロマトリートメント」。
強張った筋肉も緩むし、温かくなるしと、冬にこそ受けていただきたい施術です。
筋肉を緩めて、体の隅々まで栄養が届く身体になりましょう。




インディバの詳しい情報はこちらです。





アロマトリートメントの詳しい情報はこちらをご覧くださいませ。



1月はアロマトリートメントのお得な回数券も販売しております。
通常の回数券と比べて、かなりのお得、お年玉仕様になってます。
こちらもお見逃しなく、ご利用くださいませ。








足の甲のストレッチで腰痛・脚のむくみ・疲労もすっきり

みなさんの足の甲は柔らかいですか?

意外と忘れがちな【足の甲のストレッチ】
でも、しっかりとほぐして柔らかくすることで
とてもカラダに良いコトが沢山あるんです!


足の甲のストレッチで得られる効果

■冷えやむくみの解消
■脚の疲労感
■腰痛・肩こりの緩和
■免疫力の向上

リンパの流れを促進して、下半身の老廃物を流し出してくれます。
また、むくみも取れて綺麗な脚のラインにもなります。
血流も良くなることで体温も上がり免疫力も上がると言われています。


足の甲のストレッチはどうやっでやるの?

色々なやり方がありますが、慣れてない方には少し強度が高いストレッチです。
でも、ストレッチが終わった頃にはスッキリ感が違います!

写真のように正座の状態から膝をあげます。
手はつま先の方についても大丈夫です。
マットやクッションの上で行うと良いです。


慣れていないと痛いですが・・・
イタ気持ちいところで30秒キープしてみましょう!
(痛くて我慢できない方は無理せずに20秒!)





両足はムリムリムリ・・・

という方は、片足ずつ行ってみましょう




久し振りに行った私はあまりの痛さに悲鳴でした(泣)
院長は顔色一つ変えずにポーズをとってくれました。

腰痛・みくみ・疲労感など下半身に違和感がある方は
是非、毎日の日課におススメです♪


足の甲の反射区もあるの?

足裏の反射区があるように、足の甲にも反射区があります。
とても簡潔に書きましたが・・・



例えば鼠径部(ソケイブ)に違和感や痛みがある場合
足首の内くるぶし側に痛みを感じたりします。

その部分をさすりながらのばしたり、優しくマッサージしたりするといいですよ!


まとめ


1日の疲れはその日のうちに♪
少しの時間でも一部位(股関節・腰・肩・・)だけでも
ストレッチができる時間を作れると心も体もリラックスできますよ。


ストレッチだけではカラダが楽にならない時は
是非、ちゅ楽に足を運んでくださいね。


ちゅ楽 コースメニュー

 

この記事を書いた人


 物作りと旅行が大好き!
お客様に笑顔と元気を与える存在
新井 恵美子