HOME > アロマのお話 > アーカイブ > 2018年6月

アロマのお話 2018年6月

精油の紹介☆匂辛夷

匂辛夷と書いて、「においこぶし」と読みます。
春先に咲く、モクレンやコブシの花の仲間です。
モクレンは中国原産ですが、「コブシ」や「ニオイコブシ」はにほん固有の種です。
山に春を告げる「ニオイコブシ」、里に春を告げる「コブシ」と言われます。

お写真はyuicaさんのAroma blogからお借りしました。    
  
ちゅ楽で使用しているyuicaさんのある飛騨高山では、
春先一番に咲く花が匂辛夷だそうです。
緑が芽吹く前の色のない山に、ぽわんぽわんと
木の上に白い塊が見えるようになると、春の訪れなのですね。

山の尾根や尾根筋の斜面に生息する匂辛夷は、
その名の示す通り、とても良い香りがします。
山の上で、匂辛夷の小枝を手折ると、里まで香る、
と言われるほど、良く香ります。
そのバランス良く美しい香りは「調香師の仕事が必要なくなる。」と、
とある調香師の方に言わしめたとか。

匂辛夷の精油は、枝葉の部分から抽出します。
モクレンの花の甘い香りとは違い、レモンに甘みを足したような香りです。
枝葉から抽出したと聞くと、青っぽい香りがしそうなイメージですが、
お花の香りかと思うほど、華やかさと爽やかさを持つ香りです。
ちょっとした驚きですよ。
毎日のように接している匂辛夷の精油ですが、
飽きもせず毎日のように驚きを覚えます。

精油の材料となる枝葉を尾根筋から集めてくるのは、
なかなか困難なことと、精油の抽出量も非常にすくないため、
極めて希少価値の高い精油ですが、
その香りは他のものには代えがたく、リラックスしつつも
シャキッと元気をくれる精油です。

香りの良さから“匂”コブシと呼ばれる匂辛夷にはいくつか別名があります。
そのひとつが「タムシバ(田虫葉)」。
匂辛夷の葉を噛むと甘いので、
「噛むシバ」がなまって→「タムシバ」となったと言われています。
私も実際、噛んでみましたが、本当に甘い!!!
何となく甘みを感じる、といったレベルではなく、甘かったです。
昔の子供達は山に遊びに行くと、木の葉を噛んでいたそうですよ。
甘い味が、お腹の空き具合を紛らわせてくれたのかもしれませんね。
あの甘さなら、十分楽しめます。
「サトウシバ」とも呼ばれるそうです。
甘いからですね、きっと。
「タムシバ」には、田虫のような斑点が葉の表面に出るから、という説もあるそうです。
う~ん、あの可憐なお花を呼ぶのにこの由来はちょっと、
イメージが狂ってしまう感じです。

匂辛夷の花が咲きはじめるのを農作業を始める目安にしている地方もあるそうで、
付いた呼び名が、「タネマキザクラ」。
灰褐色の山に白い花が咲く姿は、春の訪れを知らせてくれるものとして、
喜びを感じるのでしょうね。

「ニオイコブシ」の花の蕾は生薬の原料になります。
漢方薬で「辛夷(シンイ)」という名を耳にしたことはありませんか?
「辛夷(シンイ)」は中国産のモクレンの仲間の花の蕾から作られます。
日本産のコブシ、キタコブシ、タムシバの花蕾から作られたものは、
「和辛夷(ワシンイ)」と呼んで、「辛夷」とは区別します。
日本の市場にある「和辛夷」の原料の大部分がタムシバ(匂辛夷)だそうですよ。
「和辛夷」の原料とするには、開花前の花蕾を採取します。
花が咲くのが3~4月頃とすると、開花前の時期は1~2月頃。
その頃は、まだ冬。
まだ雪が残る山へ入って集めてくるのは大変な事ですね。
生薬ってありがたい。
鼻カタル、蓄膿症、頭痛に効果があるとされています。
初期の鼻炎の治療に使われる漢方薬の原料とされることが多いそうです。

見て美しく、香りよく、薬効もあり、葉っぱは甘い。
そんな「ニオイコブシ」は、リラックスしながらも
シャキッと元気にさせてくれる精油です。
疲れてぐったりなカラダも、どんより気分も、
スッキリ爽やか~にしてくれます。

 

 

匂辛夷
科・属: モクレン科モクレン属
学名: Magnolia salicifolia
抽出部位: 枝葉
抽出方法: 水蒸気蒸留法
原産国: 日本
採集: 野生(主に飛騨高山)
主な芳香成分: 1,8-シネオール、シトラール、テルピネオール、β‐ピネン、α-ピネン、カンフェン、カンファー

梅雨シーズン到来!梅雨は汗冷えにご用心!




6月6日に雨ざぁざぁ降ってきて~~♪


なんて絵描き歌を子供の頃よく書いていましたが、
思い出して落書きしてみましたw
確か・・・こんなかんじでしたよね??

本日6月6日に梅雨入り発表がでましたーーーー!!

去年より一日、平年より2日早い梅雨入りだそうです。
要するに平年並みの梅雨入りってことですね!

梅雨シーズン、実はとてもカラダが冷えやすいことをご存知でしょうか??




何故梅雨にカラダがひえやすくなるのか?

梅雨に入ると気温は下がりますが湿度がぐんと上がります。
湿度があがると、人は汗をかきやすくなります。

本来発汗とは、カラダの熱を常に一定に保とうとする働きで、
一定以上の熱がカラダに発生したときに、
汗を体表に分泌することで、気化熱を利用し、
汗が蒸発する際に熱を放出しようとする働きです。

しかし、湿度が高いと、この汗がなかなか蒸発せず
いつまでも体表にあるので
体の中に発生した熱が放出されません。

そうするとカラダはさらに汗を沢山分泌しようとします。

この大量に分泌された汗が体表に残っていると、
塗れた洋服をずっと着ているのと同じでどんどん体を冷やしてまいます。




こまめに汗を拭きましょう。

梅雨シーズンは、多少面倒だなあと感じても
こまめに汗を拭きとるようにしましょう!!
汗の量が多い方は汗ふき用に何枚かハンカチ常備することをおすすめします!
アロマの精油を少量垂らしておくのもおすすめです。
ジメジメした季節なので、ふわっと広がるアロマの香りに
梅雨の不快感も吹き飛びますよ!!

・ペパーミント
・ティートゥリー
・ユーカリ

などがおススメ!抗菌、殺菌作用があるので
梅雨の時期にはピッタリです。




それでも冷えてしまった時は!!

おすすめしたいのが足湯です。本来足湯用のフットバスなどもありますが
自宅にない場合は足首から下が浸かれる位の容器に
38℃から41℃くらいのお湯をためて15分~20分足湯につかりましょう。
足をあたためるだけで全身の血行がよくなり
全身ぽかぽかに。また冷えだけでなく血行不良から起きる
むくみにも効果的。
とても脚が軽くなりますよ!!




この記事を書いた人

    
お客様の心と体を癒すスペシャリスト
手から伝わる温もりは極上。
     三浦 雅美
Masami miura




1

« 2018年5月 | メインページ | アーカイブ | 2018年7月 »