HOME > お体の症状について > 椎間板ヘルニア

お体の症状について

< 坐骨神経痛  |  一覧へ戻る  |  腰部脊柱管狭窄症 >

椎間板ヘルニア

背骨は頚椎から仙椎まで椎骨と椎間板がつながって出来ています。椎骨と椎骨の間に椎間板があり、椎間板は軟骨で出来ています。その構造は繊維輪という硬い軟骨の囲いの中に、柔らかい隋核という軟骨が入っており、ちょうどタイヤのゴムと空気のようにクッションの役目をし重力を四方に分散させています。
その隋核が繊維輪を破って飛び出した状態が椎間板ヘルニアです。飛び出した(膨れた)椎間板が、神経などを圧迫する事により、激しい痛みや痺れなどの症状を引き起こすのです。

< 坐骨神経痛  |  一覧へ戻る  |  腰部脊柱管狭窄症 >