HOME > お体の症状について > 変形性股関節症

お体の症状について

< 腰部脊柱管狭窄症  |  一覧へ戻る  |  臼蓋形成不全 >

変形性股関節症

原因がはっきりしない加齢に伴う一次性の変形性股関節症と、何らかの原因で生じる二次性の変形性股関節症があります。80%以上が二次性で、原因には生まれつき股関節の骨盤側の形が小さい臼蓋形成不全・発育性股関節脱臼・ペルテス病といった小児の股関節の病気、骨折や脱臼などの外傷、痛風、その他の原因によって生じるものがあります。 
 臼蓋形成不全や発育性股関節脱臼などの小児期の股関節の病気が女性で多いため、変形性股関節症も女性に多く、女性は男性に比べ関節が緩く周囲の筋力も弱いこと、また女性は骨盤が横に広いので身体の中心線から股関節が遠くなるとより大きな力がかかることなどが関わっていて、年齢とともに発生が多くなります。


< 腰部脊柱管狭窄症  |  一覧へ戻る  |  臼蓋形成不全 >