HOME > スタッフブログ > 院長 佐久眞ブログ > 放っておくと怖い股関節の痛み

スタッフブログ

< ミネラルバランス  |  一覧へ戻る  |  嬉しい報告(๑˃̵ᴗ˂̵)و >

放っておくと怖い股関節の痛み

お客様の中には、歩行が困難で松葉づえで来られる方もいらっしゃいます。
 
変形性股関節症といって、股関節に問題がある症状です。
 
 
変形性股関節症は、先天性股関節脱臼や先天性臼蓋形成不全が原因で
長い年月のうちに変形性股関節症となるケースがほとんどです。
 
 
10代、20代の時には、痛みも違和感もなかったのに、30代を過ぎ40代に
なってきて、股関節が引っ掛かるようになったり違和感や痛みがでてきます。
 
股関節は、お椀状の骨盤の中に球状の大腿骨頭が入っているような
構造で、それぞれの骨には動きを滑らかにするための軟骨がついています。
その軟骨が年をとっても劣化したり、過度な負担を受けたりすることで、
軟骨がすり減って変形していきます。
 
 
骨が丈夫であっても、軟骨は骨ほどには丈夫ではありません。
関節の間にあってショックアブソーバーになってくれていた軟骨も
過度の刺激によってすり減ってしまいます。
 
股関節症は、進行すると関節の隙間が減り、骨に骨棘などができたり
するために、痛みが出て動かしにくくなり、関節の可動域が減ってしまいます。
 
股関節は自分の体重を支えてくれる重要な関節です。そこに変調が
起きると歩くのも困難になり、関節の手術をしなければいけなくなります。
 
 
 
股関節の痛みや違和感をあまく考えないでほしいと思っています。
 
 
股関節の痛みで怖いのは、気づいた時には手遅れになってしまうことです。
股関節が痛い人が病院に行って、検査しても原因がわからず、「様子を
見ましょう」となりますが、そのうちに状況が悪化してしまい、変形性
股関節症という病気に悪化してしまうこともあります。
 
 
股関節の痛みの原因のひとつに、太ももの前にある大腿四頭筋の使い過ぎ
による腱の炎症があります。炎症を取り除き、大腿部や骨盤周囲筋の緊張
を緩めることで治癒しますが、年齢が上がると気づかないうちに、
ハムストリング(太ももの裏)や内転筋(太ももの内側)の筋肉が衰え
骨盤周囲の筋肉の負担が大きくなってきます。
その為、股関節の痛みに繋がりやすくなります。
 
その他にも、小臀筋というお尻の奥の筋肉が硬くなったり、弱くなったり
することで、内転筋(太ももの筋肉)に収縮が出て、股関節の痛みに
繋がったりといろいろなパターンで痛みがでます。
 
股関節の痛みが長く続くようなら、まずは病院に行ってみましょう!
 
小さな変調を放っておかないで、適切な処置とトレーニングをすることで、
関節の負担を大きくせず、日常生活を送ることがとても大切です。

 
ちゅ楽では、治療は行っていませんが、股関節の痛みで悩む方が多くご来店
しています。
スポーツ整体・ボディリラクゼーション・アロマトリートメントの施術で、
お悩みに対応しています。 
 
 
病院に行っても、なかなか改善ができない股関節でお悩みの方は、
一度ご相談ください。
 

カテゴリ:

< ミネラルバランス  |  一覧へ戻る  |  嬉しい報告(๑˃̵ᴗ˂̵)و >

同じカテゴリの記事

肩甲骨を柔らかくすると何がいいの?

肩が辛くて、マッサージ店に行ったことがある方は、
だいたい言われていると思うのが、
「肩甲骨を柔らかくする」ということです。
 
なぜ?
肩甲骨を柔らかくしたほうがいいのか、
その柔軟性があることのメリットについて書いていきますね。
 
 
●ケガをしにくくなる
 特にスポーツをしている人は、とにかく肩甲骨を動かしています。
 肩甲骨の周りには、さまざまな筋肉があるため、疲労もたまりやすく
 柔軟性が落ちてしまうこともある為、ケガにつながる可能性が高く
 なってしまいます。肩甲骨の柔軟性が落ちてしまうとローテーターカフ
(肩甲骨につく筋肉)の負担が大きくなり、回旋腱板炎などのケガに
 つながります。ケガを防止するためにも肩甲骨を柔らかくすることが
 大事になんですね。
 
●肩こりや首こりの解消
 肩甲骨が硬いことが肩こりや首こりに影響します。肩の筋肉のひとつに
 僧帽筋という筋肉があって、僧帽筋は後頭骨~肩甲骨~背骨に付着
 していることから、肩甲骨が硬くなると肩こりや首こりの症状に影響
 します。肩甲骨周辺の筋肉の柔軟性を高めることで、肩こりや首こり
 の症状が緩和されます。
 
●姿勢が改善される効果がある
 肩甲骨が硬いことで、猫背になる可能性が大きくなります。胸椎の
 後湾がすすんでしまう事に原因があって、肩甲骨の柔軟性を高める
 ことで姿勢も改善されることに繋がります。
 
●痩せやすい体質に変化する
 肩甲骨を柔らかくして可動域を広げることができると、意外ですが
 肩甲骨の周りの筋肉の活動量が増加することになり、カラダの体謝が
 アップして、消費エネルギー量が増える為、結果的に痩せやすい状態
 になります。
 
 
いくつかのメリットをあげましたが、
この他にも肩甲骨を柔らかくすることで、
カラダへのいい影響はたくさんあるんですよ。
 
 
 
肩甲骨は本来、肋骨の上を滑るように動くのですが、肩こりの人は
肩甲骨が肋骨に癒着したようになって、動きが悪くガチガチになっています。
 
肩こりは、菱形筋(肩甲骨と肩甲骨の間にある筋肉)と
肩甲挙筋(首の付け根の筋肉)という深い部分にある筋肉が大きく影響していて、
どちらの筋肉も肩甲骨を動かす筋肉で、
肩甲骨の柔らかさと関係しています。


 
 
 
そして肩甲骨は、カラダの中の数ある骨の中でも、ちょっとだけ
変わっていて、筋肉だけで関節を支えています。
 
ふつうの関節の周りには、筋肉以外に靭帯などの結合組織があって、
関節を支えています。
 
肩甲骨は、肋骨との関節で「肩甲胸郭関節」といって筋肉だけなんです。
 
なので、筋肉の状態が悪いと、もろに悪い影響が出てしまうのが、
肩甲骨や肩甲骨周辺の肩や首なんです。
 
逆に、筋肉をしっかり改善できれば肩甲骨を柔らかくすることができます。

 
 
 
ちゅ楽では、スポーツ整体やボディリラクゼーション、アロマトリートメントで
肩甲骨を柔らかくすることができるメニューがあります。
 

・スポーツ整体は、関節の可動域を広げるために
 
・ボディリラクゼーションやアロマトリートメントは、
 筋肉を柔らかくするために
 
こういった使い分けをします。


 
関節の可動域が広がる(柔軟性が高い)ことと、
筋肉が柔らかくなるということは、少しだけ意味が異なります。
 
例えば、フィギアスケートの選手やバレエダンサーの演技を見て、
カラダが柔らかいと感じると思いますが、柔軟性の高い人の筋肉が
柔らかいかというと、そうではなく、関節が柔らかいのです。
もちろん、関節も筋肉も柔らかい人もいるとは思いますが、関節と筋肉の
柔らかさには、少しだけ違いがあるんです。
 
 
肩こりの辛い症状を改善するには、肩甲骨の柔らかさが必要になってきます。
是非、肩こりでお悩みの方は「ちゅ楽」にご相談ください。


shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine
 
【5月のキャンペーン】
 
5月のおすすめはヘッドケアです。

『アロマトリートメント』『ボディリラクゼーション』

の組合わせコースです!!


①アロマトリートメント90分+ヘッドケア20分
  
 110分 通常13500円→12000円


②ボディリラクゼーション90分+ヘッドケア20分
 
 110分 通常10800円→9800円



5月は頭のてっぺんから足の先まで、じっくりたっぷり全身ケア

春は新しいことが始まる季節です。ワクワクして楽しみな一方、
緊張する場面が続くこともあります。
お天気も不安定で、冬のような寒さかと思えば、初夏を思わせる汗ばむ陽気の日もありと、
目まぐるしく気温が変化します。
知らず知らずのうちにカラダにもココロにも緊張を重ねている春。
そろそろ、そうした疲れが出てくるかも、全身ケアでリフレッシュ!をおススメします。





キャンペーン期間5月1日~5月末日まで


ご新規はこちら

 
 

 
 

腰痛予防には○○筋を鍛えましょう!

2018年も早いですね~もう4ヶ月が過ぎてしまいました・・・
 
そして、GWも後半ですね。
みなさんGWはどこかに行かれましたか?
 
 
ちゅ楽は、GWも休まず営業しておりますので、ご来店お待ちしております。
 

 
ちゅ楽に、ご来店されるお客様には、
いろいろな症状でお悩みの方がいます。


 
肩こり、腰痛、膝の痛み、肘の痛み、寝違い、頭痛、脚の痛み・・・etc

 
その中でも、多いのが肩こりや腰痛です。

今回は、腰痛に関係してくる大腰筋について書いていきます。
 
 

 
腰痛があると、腰の筋肉に原因があると思うのが通常です。
 
もちろん、腰の筋肉に問題があるのですが、
腰だけでは腰痛の辛さは
改善できません。
 
 
腰痛に関わる、いろいろな筋肉があって、お尻の筋肉や脚の筋肉・・・
その中でも、あまり重要視されない大腰筋が大事なんです。
 
 
大腰筋が腰痛と関係していることは、一般の人はあまり知らないと思います。
 
大腰筋は、腸骨筋や小腰筋をまとめて腸腰筋と呼ばれている筋肉のひとつで、
直立姿勢の時に、骨盤の位置を保つ仕事をします。
 
 
大腰筋は、腰の骨から大腿骨に付着していることから、重要な役割として、
骨盤を自然な位置でキープさせ、背骨の生理的な湾曲を作っています。

 
 
大腰筋が縮み、硬くなり、過緊張の状態になっている人は腰痛
なりやすいです。
 
そこで、大腰筋の縮みチェック!
 
●仰向けで寝ると腰が浮く
●仰向けで寝るのが辛い
●朝起きると腰が辛い
●長時間立っていると、腰が痛くなる
●下腹が出ている
●背筋を真っ直ぐにした姿勢が保てない
 
大腰筋が縮んでいると、このような症状が出ます。
当てはまることが多いと、大腰筋が縮んでいるかもしれませんよ。
 
 
 
 
他にも、大腰筋が収縮すると股関節を曲げる作用があります。
脚をあげたり、上体を前に曲げたりできるということです。

 

 
歩く時に、脚が前に出るのは、大腰筋が太ももを引き上げていて、
走ったり、カラダを起こしたり、
日常生活ではなくてはならない動作を行う筋肉なんです。


 
 
この動作を日頃から、ある程度行っていると大腰筋は適度に使われていて、
良い状態を保てますが、歩く、走る、カラダを起こすなどの動作が
少なくなると、大腰筋は衰えて弱化してしまいます。 
 
逆に、積極的に歩く、走る、カラダを起こすなどの動作をすると大腰筋が
鍛えられて強化することもできます。 
 
 
腰が痛くなる方の多くに、長時間椅子に座り続けて仕事をしていることが
あげられます。
 
椅子に座っている姿勢は、
股関節を曲げて腰を下ろしている形で大腰筋は

縮んだ状態で動きが止まっています。
それが長時間続けば、縮んだまま硬くなってしまいますね。
 
 
デスクワークなど、座っている仕事をしている方は、
大腰筋が硬くなっているのと、弱化している場合が多くなります。
大腰筋は、上半身と下半身を結ぶ筋肉で、腰の骨と大腿骨を結んでいるので、
大腰筋の強化は、動きの安定に大きく関係してきます。 
 
大腰筋を鍛えることで、いろいろなメリットがあげられます。

 
●カラダの歪みを減らせる
 大腰筋は、人間のカラダでも芯となる股関節部分を形成している筋肉
 なため、鍛えれば鍛えるほど体全体のバランスを安定させる効果が
 期待できます。体幹部のブレは怪我などにも直結してしまう恐れが
 あるため、しっかりと鍛えておくことがおすすめです。
 
●姿勢の矯正
 大腰筋は筋肉ですので、年齢と共に少しずつ衰えていきます。
 大腰筋の衰えは骨盤を正しい位置で保つことができない為、結果として
 猫背のような姿勢になります。大腰筋を鍛えることが猫背を改善する
 1つの方法でもあります。
 
●つまづきにくくなる
 大腰筋は、歩くや走るといった足を上げる動作で重要な筋肉なため、
 衰えてしまうと何気ないところでつまづいたり、階段の上りが厳しく
 なります。「最近、階段の上り下りがきつい。」という人は効率よく
 鍛えて、無理なく階段を駆け上がれるカラダを作ってくださいね。
 
●ぽっこりお腹の改善
 大腰筋の衰えは猫背と密接な関係があります。そんな猫背に影響され
 るのがぽっこりお腹です。ぽっこりお腹は気にしていないだけで、
 実は多くの人に見られる問題点。引き締まったボディを作るために、
 大腰筋を鍛えていきましょう。 
 
 
他にも、大腰筋を鍛えることで、アンチエイジングに効果があったり、
脚が速くなったりとさまざまなメリットがあります。
 
もちろん、最初の話に戻りますが、腰痛予防にも効果があります。
 
大腰筋のストレッチやトレーニングで、より快適な毎日を
過ごせるように頑張りましょう!!




shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine
 
【5月のキャンペーン】
 
5月のおすすめはヘッドケアです。

『アロマトリートメント』『ボディリラクゼーション』

の組合わせコースです!!


①アロマトリートメント90分+ヘッドケア20分
  
 110分 通常13500円→12000円


②ボディリラクゼーション90分+ヘッドケア20分
 
 110分 通常10800円→9800円



5月は頭のてっぺんから足の先まで、じっくりたっぷり全身ケア

春は新しいことが始まる季節です。ワクワクして楽しみな一方、
緊張する場面が続くこともあります。
お天気も不安定で、冬のような寒さかと思えば、初夏を思わせる汗ばむ陽気の日もありと、
目まぐるしく気温が変化します。
知らず知らずのうちにカラダにもココロにも緊張を重ねている春。
そろそろ、そうした疲れが出てくるかも、全身ケアでリフレッシュ!をおススメします。





キャンペーン期間5月1日~5月末日まで


ご新規はこちら

 
 

自律神経のバランスが崩れるとカラダの不調がでてきます・・・

もう春ですね!
桜もいろんなところで満開みたいで、
とても気持ちいい季節です。

 
しかし、意外と知られていませんが、
春は天候や環境の変化、
それに伴う緊張によって自律神経の働きが悪くなり、
体調不良に悩まされる
ひとが多い季節でもあります。
 
自律神経のバランスが崩れると、
カラダの不調がでてきてしまうんです。


 
 
●環境の変化
これから、4月に入ると新年度がスタートします。
新しい環境などで慣れない生活の不安や
対人関係などの変化からくるストレスが、
自分でも気づかないうちにカラダに
負担をかけている可能性もあります。

 
●気候の変化
前回のブログにも書きましたが、
寒暖の差はカラダに様々なストレスを与え、
気圧の変化が自律神経の働きを悪くすることで、
体調が悪くなります。
 
それ以外にも・・・

 
 
●花粉による体調不良
今年の花粉の量は、とても多いと聞きます。
花粉の量が多いとアレルギーの方は、
鼻水や咳、目のかゆみ、頭痛・・・etc
いろいろな症状に悩まされ、
しっかりとした睡眠もとれずにストレスが
多くなります。
 
 
春は、いろいろなことでカラダの調子を崩しやすく、
自律神経のバランスが乱れてしまうんですね。
 
 
日頃から自律神経を整えておくと、
春の季節や環境の変化にも自律神経が
対応しやすくなります。

 
 
自律神経を整えるには
 
○バランスの良い食事を取る
 
○睡眠時間を確保し、良質の睡眠をとる
 
○日中に適度な運動をする
 
○夜遅くまでスマホやパソコンを見ない
 
○ストレスをためない
 
○リラックスする・・・etc
 
などがあります。
 

 
バランスの良い食事をとって、
日中カラダを動かすことで交感神経が優位になり、
夜はリラックスしてしっかりと睡眠をとることで
副交感神経が優位になります。
夜遅くまでスマホやパソコンを見ていたり、
ストレスで良く眠れないなどの状態が続くと、
夜になっても交感神経が優位なままが続いてしまい、
自律神経が乱れてしまいます。
 
仕事が忙しかったり、
やることが多くて睡眠不足になったりと
規則正しい生活は難しい場合は、
呼吸に意識を向けてみるのも効果的です。
 
自律神経は自分の意志とは関係なく、
身体機能を健全に保つために働いています。
胃や腸、あるいは心臓が休みなく動いているのも
自律神経が機能しているためです。
 
無意識に活動している自律神経を意識的に働かすことのできるのが
呼吸なんです!

 
呼吸と自律神経のことは、また詳しく書きたいと思います。
 
 
春は希望に満ちた、とてもいい季節です!
カラダの不調を吹き飛ばし、楽しい日々を過ごしましょう!


ちゅ楽では、さまざまのコースがお受けできます。
スポーツ整体・アロマテラピー・リラクゼーション・フェイシャル・インディバ…
お客様の症状にあったコースのご提案ができます。
まだ、ちゅ楽にご来店したことがない方は、是非一度ご来店ください。



 

季節の変わり目には「ぎっくり腰」に注意です!

先日、一日に何人かのお客様がぎっくり腰を訴えてご来店しました。
同じ日に、ぎっくり腰が多いのは、季節や気温がけっこう関係している
証拠だと改めて実感しました。
 
誰にでも起こる可能性がある「ぎっくり腰」ですが、急激な負荷が腰に
かかると痛みがでることが多いです。



 
○重い荷物を待ちあげた時
○同じ姿勢を続けていて、急に立ち上がった時
○くしゃみをした時・・・etc

 
という感じで、いろいろときっかけがあります。
原因としては、長時間にわたる不自然な体勢、疲労、運動不足、肥満、
ストレス、季節変わり目(寒暖差)があります。

 
この中でも、
季節の変わり目には注意が必要です!

 
一般的に、血行不良になりやすいのは「冬」のイメージが多いので、
ぎっくり腰になりやすいのは「冬」と思われがちですが、
 
実は、「季節の変わり目」の頃が多いんです。

 
寒暖の差があるとカラダが対応しにくく、あったかい日があったと思ったら、
翌日は真冬の寒さ、次の日は汗ばむ陽気だったりと定まらない気候に
カラダがついていけません!

 
 
真冬の時期は、寒いですからしっかりとそれに対応して衣類を着る、
暖房を入れて、カラダに負担がかかりにくいのですが、寒暖の差があると
突然気温が上下することで、血流が急激に変化したり筋肉が強張ってしまいます。
 
その状態の時に、突発的に負荷がかかることで「ぎっくり腰」に
なりやすくなってしまいます。
 
真冬や真夏のように温度が一定の時には、血流も比較的にそれに対応
しているので、「ぎっくり腰」になりにくいということです。
 
ぎっくり腰」は、寒い時期になるイメージがあると思いますが、
季節の変わり目を注意することで、予防に役立つのではないでしょうか。
 
 
 
もし、ぎっくり腰になってしまったらどうしたほうがいいのか?
 
無理な姿勢はとらずに、楽にすることが大事です。


痛みの場所によって、楽な姿勢が違います。仰向けの態勢が苦しかったり、
仰向けでも脚を持ち上げた態勢が楽だったり、いろいろなのでご自分の
楽な姿勢がおすすめです。
 
痛みを感じている部分やその周辺部分に熱感がある場合は、
炎症が起きている可能性があるので、すぐに冷やしましょう。
 
仕事などで、どうしても動かなくてはならない場合は、コルセットや
バンドで固定すれば、多少は動けるようになると思います。
 
炎症があるうちは、お風呂に浸かるのはNGです。
炎症がひどくなって、余計に痛みが強くなる場合があります。
 
炎症がひいてきたら、動かすや温めるを始めてみてください。
安静は、大事なのですが早く良くなるには、
動かしていくことも大事な対処のひとつです。
 
症状がいっこうに良くならない時は、違う病気の可能性も考えられるので、
必ず病院へ行くことをおすすめします。
 
 
今日は、19℃と温かい陽気でしたが、明日は10℃、明後日は7℃と急激に
寒くなる予報です。
体調を崩さず、気を付けてくださいね。


shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine
 
【3月のキャンペーン】
 
3月のおすすめはちゅ楽の人気コース、

『整体』『アロマ』

の組合わせコースです!!


①フィトコンディショニング120分
  
整体+全身アロマ 通常14580円→12000円


②フィトコンディショニング90分
 
整体+部分アロマ 通常10800円→9500円



整体で骨格をアプローチした後に
アロマトリートメントを行うことで、
関節や筋肉の柔軟性を正常な状態にしていきます。

のバランスが整うことで治癒力が高まり、
アロマテラピーの効果で肉体的・精神的にもリラックスし
元気な身体を取り戻していきます。


こんな方におススメ!!
・慢性的な症状(肩こり・腰痛頭痛背中の痛み)や古傷に悩んでいる方
・免疫力が低下して体の不調・疲れがなかなか取れない方
・産後の体系が気になる方
・子育てで心身ともに疲れている方
・生理痛にお悩みの方
・ホルモンバランスや自律神経のバランスが崩れている方




キャンペーン期間3月1日~3月末日まで


ご新規様はコチラ



 
 
 

 
 
 

腰痛の方は必読です!お尻歩きって知ってますか?

今日は、「お尻歩き」のことについて書きたいと思います。
 
 
・上半身は細いのに下半身が・・・ 下半身太りで困っている方。
・ダイエットすると上半身は細くなるのに、下半身がどっしりしたままの方。
・お尻のトレーニングが流行っていますが、どうやったらいいのかわからない方。
・慢性的に腰が痛い、腰痛持ちの方。
・冷え性や生理痛、便秘など女性にありがちなトラブルに悩まされている方。
・ジムに行くのがめんどくさい、お金も手間もかけずに痩せたいと思っている方。・・・etc
 
 
など、ひとつでも当てはまるなら、「お尻歩き」に挑戦してみてください!!
 
【お尻歩きのやり方】
 
 
①床に、脚をまっすぐ伸ばして座ります。足はしっかり閉じてつま先が
 天井を向くようにし、 骨盤を立てる意識で背筋もシャキッと伸ばします。
(お尻が床にあたって 痛いようなら、マットを敷いてもいいです。)
 
②腰をひねってお尻を左右に動かしながら、
お尻で10歩ほど前進→お尻で10歩ほど後退→10歩ほど前進…を繰り返します。
肘を曲げて右のお尻と右の腕、左のお尻と左の腕を同時に前に出すようにします。




 
たったのこれだけ!
 
難しい場合は、まずヒザを曲げた状態から試してもいいと思います。



 
大事なことは、
脚で進むというよりお尻で骨盤を押し出すように
意識してほしいです。
 
 
 
【お尻歩きの効果】
 
①自分で出来る骨盤矯正
 
いつも同じ側で脚を組んでいたり、立っている重心が片方にあったり、
自分のカラダの癖が骨盤の歪みになっていきます。
また、出産も骨盤が開いてしまう可能性があります。
お尻歩きをすることで、いつもは使っていない筋肉を使いやすくするので、
骨盤のリセットに繋がります。
 
 
②ヒップアップ効果
 
美尻と聞くと憧れる方は多いと思います。お尻の筋肉は、普段から意識
しないとあまり使っていません。お尻の筋肉をしっかり使っていないと
お尻がたるんで下がってしまい、四角いお尻になってしまいます・・・
お尻歩きは、お尻の筋肉を効果的鍛える運動ではないのですが、骨盤周り
の筋肉に働きかけるので、上向きのお尻を目指せます。
 
お尻の筋肉を鍛える方法は、またの機会に書きますね。 
 
 
③体幹、インナーマッスルが鍛えられる
 
体幹トレーニングは、最近では当たり前に行われているトレーニングで
胴体の部分のトレーニングです。
インナーマッスルは深層筋で、通常の筋トレでは鍛えにくい部分です。
正しい姿勢をキープしたり、バランスをとるために重要な筋肉が
インナーマッスルです。
お尻歩きのもう少しレベルアップしたやり方は、体幹やインナーマッスル
にとても効果があります。
 
 
腰痛改善
 
お尻歩きをすることで、腸腰筋が使われますので腸腰筋が硬くなって
腰痛になっている人には効果的です。
また、骨盤の歪みからの腰痛も骨盤がリセットされ腰痛が緩和されます。
 
 
その他にも、便秘解消や生理痛、むくみや冷え・・・
さまざまな効果が期待できます。
 
もちろん、人によって効果の有無はあるかもしれませんが、普段あまり
やらない動きをするということは、使っていない筋肉を使うという意味では
何か変化があると思います。
 
もし、お時間があれば試してみてはどうでしょうか?
 
「ちゅ楽」では、ご自宅でのケアや運動のアドバイスをしています。
もし、気になる事がありましたら気軽にお尋ねください。